エキナセア

  • 免疫機能を高めて感染症を予防する

なぜ体にいいのか

エキナセアは、北アメリカを原産とするキク科の植物。アメリカ先住民の間では、歯や喉の痛み、風邪や伝染病の治療に利用されていた。19世紀末にはヨーロッパにもちこまれて栽培もされるようになり、その後ドイツを中心にエキナセアの効果・効能の研究が続けられ今に至っている。
日本ではまだそれほど知名度は高くないエキナセアだが、ヨーロッパでは風邪の症状を改善する医薬品として普及しており、とりわけ風邪のひき始めに用いると効果が高いとされている。アメリカではメディカル・ハーブとしての人気が高く、もっとも売れているサプリメントのひとつである。
エキナセアの感染症予防効果や治癒効果は経験的に知られてきた。これは免疫力を強化する働きがあるからと考えられる。エキナセアに含まれる有効成分はアルキルアミド、多糖類、糖タンパクなどであるが、その作用メカニズムはまだ完全には解明されていない。多糖類が免疫力に関係し、好中球やマクロファージなどを活性化して、インターロイキンの生成を促進することが最近報告されている。
さらに、研究が進むうちに抗菌作用、抗バクテリア・抗ウイルス作用、抗炎症作用など、新しい効果が次々と発見されてきた。これらの効果から、気管支炎に対して、そのほかにも尿路感染症、疼痛、むくみ、鼻粘膜の乾燥、アレルギーなどによいと考えられている。
エキナセアを医薬品として認めているドイツでは、風邪やインフルエンザ予防のほかにも、頭痛、喉の痛み、鼻炎、気管支炎、咳や発熱の緩和、腸内感染の予防、免疫機能低下の改善など多くの薬理効果が認められるとして利用されている。

ここに注意

結核や白血病、膠原病、HIV感染、自己免疫疾患などの進行性疾患の人は、免疫不全を招く恐れがあるため使用を避ける必要があるとの報告もある。キク科の植物なので、キクにアレルギーのある人は注意が必要だ。妊娠中、授乳中の人は摂取の際は医師と相談したほうがよい。(山口)

エキナセアに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る