ウコン

  • 胆汁の分泌を促進して肝機能を改善する

なぜ体にいいのか

ウコンはアジア原産のショウガ科の多年草である。一般的には、カレーに使われるターメリックといえばわかりやすいだろう。胃を丈夫にする生薬として古くから愛用されてきた。
根茎の部分を煎じて飲用するが、布を黄色く染める染料としても有名である。中国から琉球王朝に伝えられ、現在でも日本では沖縄県が主要産地である。
ウコンは胆汁の分泌を促進したり、解毒作用を発揮することで肝臓の機能を助け、身体機能を改善することで近年大きな注目を集めている食品だ。これらの働きは、主成分であるクルクミンによるものだ。
肝臓の機能が低下するとアルコールの分解能力が低下し、胆汁の分泌が悪くなる。悪くなった胆汁の分泌は、ふたたび肝臓の負担となって、肝機能をさらに低下させるという悪循環を繰り返す。クルクミンは肝臓の解毒作用を強める作用と胆汁の分泌促進、両方に効果を発揮する。胆汁は脂質の消化吸収に重要な役割をもつ胆汁酸が主成分。胆汁酸を作り出すにはコレステロールが必要なので、胆汁の分泌が活発になれば、胆汁を体内で新たに作り出すためにコレステロールがより多く消費される。そのぶんだけ体内コレステロールも減ることになるのだ。さらにウコンの精油成分には抗酸化作用もあるので、動脈硬化の予防にもつながる。
また最近では、クルクミンの抗ガン作用も注目されている。今までのところ皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンに対する抑制効果がわかっている。また、ウコンの精油成分には殺菌力があり、病原性大腸菌に有効であることも報告されている。胃潰瘍の原因ともいわれているピロリ菌を除去する作用も明らかになってきている。

摂取方法について

ウコンには、春ウコン、秋ウコン、紫ウコンの3種類があるが、黄色色素クルクミンの含有量は秋ウコンが一番多い。乾燥品のほうがクルクミンの含有率は高いが、生ウコンをすりおろした汁を飲用しても効果がある。ウコンは苦味が強いが、発酵させると苦味が和らぐと同時に抗酸化力が高まる。サプリメントとしては粉末や粒、ドリンクなどが市販されている。(山口)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る