エゾウコギ

  • 血圧、血中コレステロールを適正化、強い体を作る

なぜ体にいいのか

エゾウコギ(蝦夷五加木)は、高麗ニンジンなどと同じウコギ科に属する植物である。シベリア、中国北東部、北朝鮮、北海道東部など、厳寒の地に自生する。エゾウコギはロシア名をエレウテロコック(「命の根」の意)というほどで、ロシアや中国では盛んにその薬効が研究されている。
エゾウコギの主要な成分に、「エレウテロシドA~G」と名づけられた7種類のトリテルペイド配糖体、血中コレステロールをコントロールするステロール、血圧を下げ、自律神経のバランスを回復させるクマリン、抗疲労作用・興奮作用をもつシリンジン、抗酸化作用や心臓の冠状動脈拡張作用をもつフラボノイドなどがある。
これらが働いて代謝促進や疲労回復、強壮、食欲増進、精神安定、集中力向上、ストレス・病気・アルコールなどに対する耐久力・抵抗力強化などの効果を現す。また、特に男性の性機能の回復と強化に顕著な効果があるという報告もあり、男性は注目していいサプリメントであろう。最近では、血圧調整や血液循環の改善に、さらにガン予防にまでその効果が期待されている。
エゾウコギの薬用成分が多く含まれるのは、根や茎の部分である。サプリメントとしては、そこから抽出したエキスを濃縮したものや錠剤、カプセル、ドリンクに加工したもの、あるいはお茶などもある。

ここに注意

エゾウコギに即効性はなく、長期にわたって摂取することで体質の改善や体の機能活性化などの効果が見込める。したがって、効果がすぐに現れなくとも根気よく飲用することが大事だ。副作用は特に報告されていないが、表示に従って摂ることをおすすめする。摂取量の目安は生薬換算で1日約3gである。

成分豆知識

モスクワオリンピックのとき、旧ソ連の選手がエゾウコギのエキスを用いて話題となった。ロシアでは、旧ソ連の時代からエゾウコギの研究が進められていたことがこの事実からもわかるだろう。また、ウコギはそのまま食すこともできる。日本ではなかなか手には入りにくいが、春先に出回るウコギの若葉をさっと塩でゆでてから細かく刻み、ごはんに混ぜて食べる摂り方もある。一度試してみてはいかがだろう。(山口)

エゾウコギに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る