トイレが近い

メカニズム

トイレとトイレの間が近くなる、尿意を感じて夜中に何度も目が覚める。水分を大量に摂りすぎたなど一過性のことであれば問題ないが、毎日続くようなときは「頻尿」という症状である。何らかの病気が隠れていることがあるので、きちんと対処したい。

  • 男性の場合
    男性は50歳頃から、夜中に何度もトイレに行きたくなったり、尿が一度にすっきり出ない、尿が残る感じがするなどの排尿障害が増えてくる。加齢とともに前立腺が肥大し、尿道を圧迫することが原因だ。
  • 女性の場合
    最も多い頻尿の原因は膀胱炎だ。排尿痛、尿混濁(尿に濁りがある)、残尿感などの症状を伴う。女性が膀胱炎になりやすいのは、男性に比べて尿道が短く、肛門と尿道口の位置が近いために雑菌が入りやすいから。性生活、クラミジア感染症などとの関係も指摘されている。ついトイレをがまんしてしまうことも原因のひとつ。また、子宮筋腫などの病気で頻尿になることもあるので、チェックが必要だ。更年期以降はエストロゲンが不足し、膀胱が萎縮するので生理的に頻尿になる。また、粘膜が薄くなって自浄力も低下するので膀胱炎も起こしやすくなる。

男女を問わず、糖尿病や腎不全などの病気があって頻尿になることもある。いずれにせよ、何か病気があっての頻尿は、早めに治療を受けること。また、冷えたり緊張すると、病気がない人も頻尿になることがある。

解消・予防のためのアドバイス

前立腺肥大症による尿トラブルには、ノコギリヤシのサプリメントがよく使われる。ただ、頻尿など初期症状にはいいが、尿がスムーズに排出されないなど、症状が進んでいるときは医師の治療を受けること。尿路感染の防止にはクランベリーが効果的。また、エキナセア、エルダーフラワーなどのハーブ、プロポリスには免疫力を増強し、抗炎症作用がある。冷えや緊張で血流が悪くなっている場合は、体を温めたりリラックスさせることも必要。栄養では、血液循環をよくするビタミンEを摂るといい。また、ヤマイモは頻尿の特効薬とされている。(対馬、鹿島田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る