冷え性

メカニズム

これといった病気もないのに、冷えを感じやすいことを冷え性と呼ぶ。冷え性そのものは病気ではなく、体質といえる。西洋医学には冷えという概念はなく、冷え性という言葉は東洋医学の呼び方だ。冷えの原因は、自律神経の調節作用が鈍って末梢神経の血管が収縮するからと考えられる。また、ホルモンの働きや精神的な要因も関係しているので、ストレスや疲れがたまると、冷えがひどくなる。エアコンによる冷えは、冷えた状態が長時間続くことで、皮膚の温度調節機能が働かなくなり、血管が収縮して血行が悪くなることが原因だといわれる。また、脂肪分の多い肉類や、甘いものを食べすぎると、血液がドロドロになって循環が悪くなり、血流の滞るq血(おけつ)状態を引き起こし、冷え性になる。冷えが女性に多いのは、血管が細く、筋肉も少ないので、四肢の血液循環が滞りがちなため。特に更年期になると冷え性がひどくなるケースが多い。最近、ストレスや運動不足から中高年の男性にも冷えがみられるようになった。冷えは万病のもと。膀胱炎や腎臓の病気を引き起こしたり、卵巣機能を低下させたり、不妊症の誘因になる場合もあるので、きちんと対処しよう。

解消・予防のためのアドバイス

普段から手足を冷やさないことが大切。冷房には十分注意し、靴下や膝掛けなどで自衛しよう。また、締め付ける下着や洋服は血行が妨げられるので避けたい。緊張やストレスは自律神経に影響して血管を収縮させるので、上手に解消しよう。半身浴や足湯は体を温め、リラックス効果もあるので一石二鳥。また、ウォーキングなど適度な運動で血行を促進しよう。食事面では、冷たいもの、甘いもの、脂肪分の多いものを控えること。生野菜も体を冷やすので調理したものを。逆に体を温めるネギ、ショウガ、ニンニク、トウガラシなどを摂ろう。サプリメントでは、ビタミンE、EPA、DHA、イチョウ葉エキス、高麗ニンジンなどに血行促進の作用がある。また、エネルギーを効率よく燃焼させるビタミンB群やコエンザイムQ10も有効だ。(対馬、松村)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る