リンゴ酢

  • 豊富なカリウムと酢酸の効果で疲労回復、高血圧予防

なぜ体にいいのか

リンゴ酢は、リンゴ果汁に酵母を加えて発酵させたアップルワインに、さらに酢酸菌を加えて発酵させたもの。
リンゴ酢の成分の中で特に注目したいのは、原料のリンゴのもつ豊富なカリウムだ。このカリウムはリンゴ酢になっても損なわれることはない。カリウムが不足すると、疲労、高血圧、心臓障害などの多くの疾患を引き起こす恐れがある。また、カリウムは余分な塩分を排出するので、疲労防止や高血圧予防に役立つ。
カリウムなどリンゴ自体の有効成分に加え、リンゴ酢には酢酸、リンゴ酸、クエン酸、コハク酸などの有機酸が豊富に含まれている。これらの有機酸は乳酸が筋肉中にたまるのを防いで体の疲労を回復し、唾液や胃液などの分泌を盛んにし、食欲を増進させる効用がある。有機酸に含まれる酢酸には、インスリンの過剰分泌を抑制することからの血糖値上昇抑制、骨塩量を減少させることからのカルシウム吸収促進などの効果も認められている。

ここに注意

現在日本で市販されているリンゴ酢には、100%リンゴ果汁を自然に発酵させて作ったものと、合成あるいは加工酢などがある。効用を十分に得るなら、カリウムが多く含まれる100%リンゴ酢を選ぶとよい。
ただし、酢は胃液の分泌を高めるので、胃酸過多や胃潰瘍の人は注意しよう。

摂取方法について

料理などに使用するほか、穀物酢よりクセがないので、そのまま飲んでもよい。
アメリカでもっとも長寿者の多いバーモント地方では、古くからリンゴ酢を使った自然食療法がある。例えば慢性頭痛には、まず同量のリンゴ酢と水を容器に入れ、ストーブなどで温める。湯気が昇りはじめたらその湯気を顔に当てる。のどの痛みや風邪の予防には、リンゴ酢とハチミツを各大さじ1杯ずつコップに入れ、水で薄めたものでうがいをするか、飲む。バーモント地方のリンゴ酢療法は、ほかにも咳止めやめまい、つわりなどにも効果があるとされる。
(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る