眠れない

メカニズム

体が活動しているときは交感神経が働き、睡眠に入ると副交感神経が働く。ところが、この2つの神経支配の切り替えがうまくいかないと、眠れないということになる。だが、不眠を訴える人の約6割は、寝付きが悪い、眠れないと思い込でいるにすぎず、心配のいらないケースである。「精神生理性不眠」と呼ばれるもので、神経質な性格の人に多い。眠れないと感じていても、強い疲労感がなければ心配がないが、眠れないことで疲労がたまったり、精神障害が疑われるような場合は、検査や治療が必要となってくる。寝付きが悪い割には朝早く目が覚め、食欲がない、気分が落ち込んでいる状態が続く場合は、うつ病。早朝や真夜中に目が覚め、その後眠れなくなる、眠れなくても平気で動き回れる状態だと躁病の疑いがある。また、夜中に何度も目が覚めるとともに、頭痛やめまい、肩こり、動悸などが伴う場合は、神経症が疑われる。高齢者の中には、高血圧症や動脈硬化など、内科系疾患で眠れない人もいる。また、ひどいいびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群に注意が必要だ。眠っているとき、断続的に呼吸が止まってしまう病気で、苦しくて何度も目が覚める。この場合は、専門医に相談する必要がある。

解消・予防のためのアドバイス

生理的不眠の解消には、寝る直前に重い食事をしない、カフェインやタバコは摂らない、適度な運動や入浴(38℃の低温がおすすめ)で血液の流れをよくし、緊張や興奮を鎮めるようにするといい。日中は体を動かし、朝起きたら光を浴びて体内時計をリセットすることも大切だ。いらいらやストレス解消には、神経を安定させるビタミンB6、マグネシウムが有効。またビタミンB12は睡眠・覚醒のリズムを整える。ハーブでは、精神や神経を鎮め、眠りを助けるバレリアンが役に立つ。眠りと目覚めをコントロールするのは、脳の奥の松果体が分泌するメラトニンというホルモン。中年以降になるとメラトニン分泌が不十分になり、それで不眠になる場合もある。サプリメントで補給できるが、40歳以下で常用すると免疫系に悪影響が出ることがあるので5HTP(5ヒドロキシトリプトファン)を活用しよう。(川嶋、鹿島田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る