亜鉛

  • 細胞を作り再生させるほか「セックス・ミネラル」の異名も

なぜ体にいいのか

亜鉛は新しい皮膚の生成や免疫強化など、さまざまな働きに必要なミネラルだ。DNAやタンパク質の合成に働く酵素や、細胞や組織の代謝に関わる酵素など、200種類以上の酵素の構成成分であり、成長、妊娠・授乳、治癒など新しい細胞が必要な時期には、亜鉛の必要量も増えるといわれている。
例えば、切り傷などの治癒には亜鉛が皮膚細胞の再生を助ける。体内に異物が侵入した場合も、亜鉛と、亜鉛を含む酵素が協力して新たな免疫細胞を作り出し、異物に対処する。このため、亜鉛はウイルス感染に効果的とされるが、その一方で、過剰な摂取は逆に免疫力の低下を招くことも認められている。
亜鉛は血糖調節ホルモンであるインスリンの構成成分でもある。味覚や嗅覚を正常に保つ働きにも関わっているため、味が感じられないなどの症状は、亜鉛不足のサインといえる。また、「セックス・ミネラル」という呼び名もあり、男性の前立腺で性ホルモンの合成に関わっている。正常な人が亜鉛を多く摂っても精力が増すというわけではないが、不足すると精子の生産量が減少してしまう。

ここに注意

ベジタリアンやアルコール中毒、ペニシリンや利尿薬を服用中の人は特に、亜鉛の吸収率が低下することがあるので下記の必要量を摂るようにしたい。食事から摂るのがベストだが、サプリメントで摂ってもよい。その場合、摂りすぎると、頭痛、吐き気、貧血などの症状が出ることがある。2g以上摂ると急性中毒を起こすので、一度にたくさん摂りすぎないように。

摂取方法について

カキや牛肉、ラム肉、卵、未精製の穀類、ナッツ、ヨーグルトなどに多く含まれ、1日の所要量は成人男子で10~12mg、女子は9~10mg。「セレン」や「クロム」を配合したサプリメントなども市販されている。亜鉛はビタミンAの代謝にも関わるほか、ビタミンB6の血中濃度が低い場合、吸収効率が悪くなる。目的に合わせてこれらを配合した複合型のサプリメントを選ぶといいだろう。(五十嵐)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る