烏骨鶏(うこっけい)

  • 黒紫色の皮と骨が特徴の万病予防の漢方鶏

なぜ体にいいのか

烏骨鶏は中国・江西省の原産で、西はインドから東は中国まで広く生息し、薬用鳥として、古来漢方薬で愛用されてきた。メラニン色素の沈着が多く、顔面をはじめとするすべての皮膚、筋、内臓、さらには骨までもが、その名の通りカラスのような黒紫色であることが特徴だ。
成分的にはカルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEを豊富に含み、卵には不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)を含んでいることが特徴。これらの作用により、血液の循環をよくして、生活習慣病を予防し、脳細胞をはじめ、全身の細胞組織の活性化に働きかけてくれる。
烏骨鶏の肉は、一般的に滋養強壮、疲労・精力回復、抗ストレス、血糖下降作用、成人病、高血圧、脳血栓、風邪、肩こりなどさまざまな効果があるといわれている。
烏骨鶏の薬効が日本に伝えられたのは江戸時代のことで、『本草網目』という中国草本学の書物に記述がみられる。烏鶏丸という名の薬は、人の諸病に効果を発揮し、子宝にまで恵まれると珍重された。
卵は張りのある鮮やかな黄色で、肝臓の機能を促進するメチオニン、レシチンなどを含み、血液の浄化作用があるとされる。またアレルギーのもとにもなる卵だが、烏骨鶏卵を食べるとアレルギー症状が緩和したという報告もある。
産卵量は少なく、その理由のひとつとしては就巣性が強いことによっている。鶏は卵を抱くようになると、産卵をストップし、孵化することに専念するようになる。このため、烏骨鶏卵は貴重品とされるのである。

摂取方法について

味のほうは、大量生産される通常の鶏肉よりも濃厚な味と香り、ジューシーでありながら噛みごたえがあり、鶏卵も普通の市販品よりも甘味があり美味だ。鶏卵は薬効成分を壊さないためにも、できるだけ生で食すのが理想的とされる。
また、烏骨鶏は、普通の鶏肉に比べて皮が硬いのが特徴なので、よく火を通しじっくり煮込むのがコツ。
食材としては入手しづらく、調理も簡単ではないが、チュアブル錠などさまざまな形態のサプリメントも販売されているので、烏骨鶏の健康効果を手軽に確かめることができる。(早川)

烏骨鶏(うこっけい)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る