α-リポ酸

  • 強い抗酸化力で細胞の老化を防ぎ、糖代謝を高める

なぜ体にいいのか

α-リポ酸は別名チオクト酸といい、わが国では2004年に食品として認可されるまで医薬品としてのみ使用されていた。α-リポ酸は細胞内でエネルギーを作り出す際に必要な物質で、糖の分解を担っている。栄養素としてビタミンに似た働きをするビタミン様物質だが、体内で合成されるのでビタミンとは呼ばれない。しかし、体内での合成量はごくわずかで、食物からも積極的に摂取する必要がある。リポ酸は血液中のグルコースを筋肉に運び込み、解糖を増大させ、かつ糖新生を抑制することから、ヨーロッパでは30年以上前から糖尿病薬として使われている。わが国での医薬品としての効能は、肉体疲労や解毒作用、神経毒による中毒症状等、肝障害への薬効が主である。近年、フリーラジカルによる細胞の酸化障害が老化や疾病の原因として問題視されており、各種の抗酸化物質が注目されている。リポ酸はさまざまな抗酸化物の中でも特に重要な、相互に作用しあって働くネットワーク系抗酸化物質のひとつ。ネットワーク系抗酸化物質とはビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、グルタチオン、そしてα-リポ酸である。われわれの細胞は脂質でできた細胞膜に覆われており、脂溶性抗酸化物質のビタミンE、CoQ10は主に細胞膜上で、水溶性抗酸化物質のビタミンC、グルタチオンは細胞内や血漿中で働く。α-リポ酸は水にも脂質にもなじむ特異な物質で、細胞内外のどこでもラジカルを補足することができる。また、これら抗酸化物質はラジカルを補足することで自らもラジカル化してしまうが、リポ酸はこれらラジカル化した抗酸化物をも還元する。さらに自らが酸化した場合、自己を還元再生できるという驚くべき機能を有している。ネットワーク系抗酸化物質の中で最も重要とされているのがグルタチオンで、この水溶性抗酸化物質は細胞内に高濃度で存在している。グルタチオンの体内レベルが低下すると身体は本来の機能を失いやすくなり、老化や疾病に大きく傾くことになる。グルタチオンは3種のアミノ酸、システイン、グルタミン酸、グリシンから体内で合成されるが、グルタチオンそのものを経口摂取しても、そのほとんどが腸でもとのアミノ酸に分解されてしまう。α-リポ酸には、体内のグルタチオン量を増加させる機能もあるのだ。

摂取方法について

α-リポ酸は中年期以降、体内合成量が減少するが、食物から摂取できる量も限られている。100~200mg摂るためには、ほうれん草300~600kgにも相当するため、サプリメントとして摂るのが合理的といえよう。リポ酸は食品と同時に摂取すると吸収が悪くなるので、食事の30分前に摂ることをお勧めしたい。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る