精力減退

メカニズム

中高年になると、精力の減退を自覚しはじめる男性が多い。原因は、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌が徐々に降下していくため。女性の場合は、閉経後に女性ホルモンが急激に落ち込んで更年期障害を引き起こすが、男性にも緩やかなかたちで同様の障害が現れる。インポテンツ(勃起障害)には、自律神経障害やストレスが原因で性的不能になる機能性インポテンツと、ホルモンの分泌や神経、性器などに病的な疾患がある器質性インポテンツの2種類がある。器質性インポテンツには、ペニスの海綿体の機能のうち、主に血管に異常がある場合と、神経の伝達経路に異常がある場合の2ケースがある。いずれも泌尿器科で受診すること。精力減退とともに、体のだるさや疲れやすさ、のどの渇き、体重減少、インポテンツを伴うような場合は糖尿病の疑いがある。糖尿病は、血液中からブドウ糖を細胞内に取り込む働きをするインスリンの分泌が不十分になる病気。細胞に十分なエネルギーが取り込まれなくなると、脱力感や疲れ、だるさが起こるほか、神経障害や運動障害、知覚神経障害、自律神経障害を引き起こす。インポテンツも、この自律神経障害によるものだ。

解消・予防のためのアドバイス

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を上げるためには、ビタミンEが有効だ。ビタミンEは抗酸化作用によって細胞の老化を遅らせる効果があるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれる。性ホルモンの産生や性腺の働きを活発にするのはミネラルの亜鉛。精子の材料であり、精子の運動性を向上させるセレンの摂取も効果的。Lアルギニン(アミノ酸)も精子の数を増やす。血管拡張作用によってペニスを含めた全身の血行をよくするので、血行不良による勃起障害にも有効。サプリメントとして活用するといい。ハーブでは、イラクサにテストステロンを増やす働きがある。逆に、タバコやアルコールの飲みすぎ、カフェインの摂りすぎは精力減退のもと。食事改善や適度な運動によって、体調を調えることが基本である。(福田)

この症状に関連する成分

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る