葉酸

  • 細胞分化やDNA合成に作用。心臓発作やガンの予防にも

なぜ体にいいのか

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、体内のさまざまな反応に関わる成分である。約20種類の酵素と協力してDNAの合成や細胞分化に作用するので、細胞分化の盛んな胎児や乳幼児には欠かせない。脳や脊髄の先天異常や発育不全も防ぐため、特に妊娠初期の女性は積極的に摂りたいものだ。アメリカ政府や、日本の厚生労働省も、妊娠を希望するすべての女性に対し1日400μgの摂取をすすめている。
葉酸が効果的なのは女性にとってだけではないことが、さまざまな医学研究からわかってきている。例えばガンの予防作用。葉酸は肺ガンや直腸ガン、子宮頸ガンの予防に役立つとされ、喫煙や避妊薬の使用、出産など子宮頸ガンのリスクをもつ女性のガン発生率を14年にわたって調べたところ、葉酸の投与で発生率が2分の1から5分の1に低下したというデータがある(アラバマ大学)。
また、葉酸およびビタミンB群と心臓発作との関係では、5つに分けられた被験者グループのうち、葉酸をもっとも多く摂ったグループの心臓発作の発症率は、もっとも少ないグループより31%低かったという(ハーバード大学)。これは、葉酸には血液中に蓄積するホモシステインを減少させる働きがあるため。ホモシステインは動脈を攻撃し血管を傷つけるが、葉酸を摂ることで、このホモシステインが減少して心臓病や脳卒中を予防できると考えられる。
興味深いのは、葉酸とビタミンB12を多く摂る一方でアルコール飲料を1日1杯程度飲んだ場合、心臓発作の危険性が75%も低下したというデータである。ただしこの場合、アルコールはあくまで適量。飲みすぎは禁物だ。

摂取方法について

葉酸は枝豆、ソラ豆、白インゲン豆やウズラ豆、アスパラガス、ホウレン草、ブロッコリー、オクラ、芽キャベツなどに多く含まれる。
1日に摂りたい目安は400μgで、上限が1mg。これは、朝食にオレンジジュースを250p、シリアル1カップ強を摂れば半分確保できる。また妊婦の場合、食事だけでは不足しがちなのでサプリメントからの摂取が勧められている。(五十嵐)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る