よく酒を飲む

メカニズム

アルコールは胃や腸で吸収されて肝臓に送られる。肝臓は酵素の働きでアルコールをアセトアルデヒドに、さらに酢酸に分解。最終的には炭酸ガスと水にして体外に排出する。ところが酒を飲みすぎると、この分解作業が間に合わなくなり、アセトアルデヒドが全身にまわってしまう。これが酔いの原因で、アルコールの量が多ければ二日酔いとなる。このアセトアルデヒドは毒性で、発ガン作用があり、動脈硬化や肝臓病、心臓病なども促進する。アルコール依存症を強める働きもある。肝臓の分解能力を著しく上回る量を急激に飲むと、急性アルコール中毒になり、生命に関わる場合もあるので注意が必要だ。アルコールによる肝障害の代表格といえば、肝硬変だろう。過度のアルコール摂取を続けると脂肪肝になる確率が高まり、やがてそれが肝硬変に移行する。初期には自覚症状がほとんどなく、食欲がない、体がだるいといった不調を感じる程度。ところがある程度進行してくると、手掌紅斑(しゅしょうこうはん)や、胸の上部などに赤い斑点が出る「クモ状血管腫」の症状が現れる。酒量の多い人は、定期的に肝機能の検査を受け、早めにチェックしておくことが大切だ。

解消・予防のためのアドバイス

アルコールは肝臓や心臓に悪いだけでなく、抗酸化物質であるビタミンCやビタミンE、セレンなどを破壊したり、これらが体内で利用されるのを妨げる。逆に、これらの抗酸化物質を摂取することは、アルコール性の肝障害予防に役立つ。また、アルコールが代謝されるときにはビタミンAも一緒に胆汁に排出されてしまうので、この補給も必要だ。ただし、すでに肝障害のある人は、ビタミンAやセレンを大量に摂取すると害になる場合もあるので、摂取量の上限を守ること。ビタミンB1の利用と吸収もアルコールによって妨げられる。脳神経障害を起こさないためにB1の補給を心がけたい。肝臓の解毒機能を高めるウコンの利用も役立つ。また、酒ばかり飲んで十分な食事を摂らない人は、必要な栄養素が不足しがち。酒量を抑えるとともに、タンパク質やビタミンを十分に含んだ、バランスのよい食生活を心がけたい。(福田、鹿島田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る