その他ミネラル類(カリウム、ヨード、モリブデン、銅、マンガン)

  • 体の潤滑剤としてさまざまな働きに作用する

なぜ体にいいのか

  • カリウム

    カリウムは、ナトリウムの排泄を促進し血圧を下げる作用がある。塩分(ナトリウム)過多の食事で高血圧気味の人は、特に摂取を心がけたい。筋肉の収縮運動の調整も行うため、不足すると疲れやすくなる。

  • ヨード

    ヨードはヨウ素ともいい、甲状腺ホルモンの生成に不可欠なミネラルだ。血中コレステロール値を下げる働きがあるとの実験結果もあり、動脈硬化の予防効果が期待されている。体脂肪の燃焼を促す働きもあるので、ダイエットにも有効だ。

  • モリブデン

    モリブデンは、酸化酵素に不可欠なミネラル。糖質や脂質の代謝を助ける働きがある。銅と相反して働くので、過剰摂取は銅の排出を促して銅欠乏症を引き起こす。そうすると、鉄がヘモグロビンに取り込まれなくなって貧血になってしまうこともある。

  • 銅は、鉄とヘモグロビンを結びつける役割があるので、貧血解消には必ず必要なミネラル。コラーゲンやメラニン色素の生成に必要な酵素の構成成分にもなっている。

  • マンガン

    マンガンは、糖質や脂質などの代謝に必要な酵素の補酵素として働くミネラル。骨や関節の結合組織にも必要なので、マンガンが不足すると骨形成に支障が出る。また性ホルモンの合成能力が低下したり、妊娠能力が低下することもわかっている。

摂取方法について

  • カリウム

    カリウムは、所要量は成人で2000mg。干し柿、トマトジュースなどに多く含まれるが、コーヒー、酒、甘いものの摂りすぎやストレスで不足しがちになる。腎機能障害がある場合は摂取を医師に相談すること。

  • ヨード

    ヨードは、所要量は1日150μg。海藻などの海産物に多く含まれる。

  • モリブデン

    モリブデンは、1日の所要量は男性で30μg、女性で25μg。大豆や野菜、米に含まれており、日本人の食生活で不足することはまずない。過剰症のほうが心配される。

  • 銅は、1日の所要量は男性で1.8mg、女性で1.6mgほど。牛レバーや牡蠣、ゴマなどに多く含まれている。

  • マンガン

    マンガンは、1日の所要量は男性4.0mg、女性3.5mg。海藻類、緑黄色野菜などに多く含まれている。(五十嵐)

その他ミネラル類(カリウム、ヨード、モリブデン、銅、マンガン)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る