EPA・DHA

  • 血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ

なぜ体にいいのか

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)はn-3系の多価不飽和脂肪酸で、イワシ、サンマ、マグロ、カツオなど日本人にはお馴染みの魚に多く含まれている。
これらの魚は低温の水中に生息するため、脂肪が-45℃になるまで固まらずに液体を保っているのが特徴である。これらの魚に多く含まれる不飽和脂肪酸が液体を保つ性質があるからである。動物性の脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸が固まりやすいことに対比されるところである。
魚やアザラシを多く食するイヌイットの人たちに心筋梗塞などが少なく、動脈硬化もほとんど見当たらないことから、魚や海獣の脂肪には血液を固まりにくくする作用があることが判明している。
それだけでなく、EPAやDHAには脂肪酸の合成に関わる酵素の働きを抑制する作用があり、中性脂肪やアラキドン酸を減少させると考えられている。その結果脳血管障害、虚血性心疾患などの予防に役立つとされる。
日本人の疾病による死亡原因のベスト3は、「ガン、心臓病、脳卒中」で、心臓病や脳卒中は高血圧や動脈硬化が大きな原因になっている。これらを予防する点からも魚など日本型食生活が見直されている。
またDHAは脳に多く含まれ、特に脳神経のシナプス部分に非常に多く存在し、神経伝達に重要な関わりをもち、脳機能維持に大切な成分でもある。
植物油に含まれるα-リノレン酸を摂種すると体内でEPAになり、そしてEPAからDHAに変換される。

ここに注意

EPAは摂りすぎると血液が固まりにくくなり、出血しやすくなる。魚などの食品で摂る場合は心配ないが、サプリメントを利用する場合は、表示されている摂取量を確認し、外傷や出血がある人は控えるようにする。
また、EPAとDHAは酸化しやすい。そのためビタミンCやE、β-カロテンなど抗酸化力のある成分と一緒に摂る必要がある。サプリメントの場合も酸化などに注意して保存すること。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る