メグスリノキ

  • 眼病だけでなく肝機能向上にも役立つ日本特産の木

なぜ体にいいのか

メグスリノキは日本特産のカエデ科の落葉樹であり、本州や四国、九州などに広く群生している。
地方によって、センリガンノキ(千里眼の木)、チョウジャノキ(長者の木)、ハナカエデ(花楓)とも呼ばれるが、メグスリノキという名称は、江戸時代に樹皮を煎じて点眼薬や洗眼薬として用いていたことに由来すると伝わる。
メグスリノキの樹皮にはα-アミリン、β-システロール、ロドデンドロン、カテキンなどが含まれており、木部にはクマリン誘導体のスコポレチン、エピロートデンドリン、葉にはβ-アミリン、クエルセチンなど、多くの薬効成分のあることが確認されている。
東洋医学では、目と肝臓は密接な関係があるといわれる。そのためかどうか、メグスリノキも目のほかに、肝臓にもよい効果をもたらすようだ。
樹皮の煎じ液は、かすみ目、やに目、老眼や仮性近視、結膜炎に効くとされ、漢方薬と併用することで肝炎などの肝機能障害や動脈硬化、さらにはジンマシンなどの改善例もこれまでに報告されている。
メグスリノキの各成分と、さまざまな眼性疾患・肝機能・動脈硬化改善について因果関係の解明はまだ十分ではない。ただ、動物実験などによる研究報告では、肝機能改善の効用を認めており、その有効成分としては、ロドデンドロンが主に関与していると考えていいようだ。いずれにせよメグスリノキについて成分と効用の関係解明が待たれるところである。

摂取方法について

眼病の症状改善や予防として用いるときには、小枝や葉を細かく刻み乾燥させたものを煎じて飲むのがよく、肝炎や利尿作用の促進には樹皮を同じように煎じるのがよいという。また、動脈硬化の予防には葉をお茶のように煮出して飲むと効果があるといわれている。
メグスリノキは、昭和30年代まで一部の寺社で自家製目薬として売られていた。現在は、葉や小枝を乾燥させたものが漢方薬局などで販売されているほか、ティーバッグとしても市販されている。(早川)

メグスリノキに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る