アガリクス

  • 免疫力を高めて健康を増進、ガン予防にも期待

なぜ体にいいのか

アガリクスは、学名を「アガリクス・ブラゼイ」といい、ヒメマツタケ、カワリハラタケとも呼ばれるキノコである。原産地はブラジルのピエダーテ山脈地方だが、現在では日本国内、中国でも栽培されるようになった。
アガリクスには免疫力を高めるのに有用な成分がたくさん含まれており、これまでにも盛んに研究が行われている。なかでも注目されるのがガンに対する効果で、ガン細胞の縮小や消失などの研究報告が多数出されており、ガンの予防や治療に効果が期待できるキノコとして注目されている。
アガリクスはほかのキノコに比べてタンパク質の占める割合が多く、約40%も含まれているのが特徴だ。このほかにも、ビタミンB2やビタミンD、マグネシウムやカリウム、リノール酸やリン脂質などの有効な成分が含まれている。
キノコ特有の成分で注目されているのがβ-Dグルカン。β-Dグルカンは、キノコに含まれる多糖類で食物繊維の一種。体の免疫力を高めると同時に、すぐれた抗腫瘍作用、すなわちガン細胞などの増大や増加を防ぐ働きをもつ。ほかにも、自律神経失調症、月経不順、更年期障害、泌尿器系の疾患、アレルギーなどへの有効性も報告されている。
普段食用にしているキノコは「子実体」という状態である。これはキノコが繁殖するために形成したもの。キノコは胞子から発芽してほとんどの期間を糸状の「菌糸体」という形で過ごす。この菌糸体の状態のアガリクスにも有効成分が含まれており、抽出物質が抗ガン作用をもつなどの研究が報告されている。

ここに注意

アガリクスには副作用は特に報告されていないが、体質などによって効果に差があるともいわれている。

成分豆知識

アガリクスは乾燥品のほかに、顆粒、錠剤、カプセル、エキスなどの健康食品が市販されている。乾燥品は煎じて飲用するか、水でもどして料理する。もどし汁にも有効な成分が溶け出しているので、だし汁として利用するとよい。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る