カンゾウ

  • 強力な解毒作用のほか万能パワーに世界が注目

なぜ体にいいのか

カンゾウは、中国の東北地方に自生するマメ科ウラルカンゾウの根と根茎を乾燥させたもので、漢方でもよく使われる生薬である。漢字では甘草と書くが、文字通り強い甘味があり、甘味料として醤油などにも活かされている。昔から漢方の世界では「百薬の毒を解す」として、作用の激しい薬物を処方する際に、強烈な薬理作用や刺激をやわらげる目的で、カンゾウを配合してきた。
カンゾウの主な有効成分は、「グリチルリチン」である。従来は甘味成分とされてきたグリチルリチンは、最近の研究により、毒物に対する解毒作用のあることがわかり、漢方で経験的に知られていたことが証明された。
グリチルリチンの解毒作用は食中毒、フグ毒、へビ毒、細菌性の毒などに対しても発揮される。またグリチルリチンには、抗ガン作用があることも判明し、世界各国での研究が進められてきた。その結果、急速にサプリメントへの利用も増えてきている。
さらにグリチルリチンには、衰えた胃腸の消化・吸収機能を高める効果や止血効果もあり、胃潰瘍や肝臓障害改善に期待されていて、とりわけ、B型・C型肝炎の抗原保有者に対して、その発病を予防する目的での利用が考えられている。加えて、初期の咽喉頭痛や口内炎、タンを除くのに効果もある。
このように万能成分として注目されているわけだが、特に抗ガン作用などについてのメカニズムは、まだその全容が解明されていない。現在までのところ、グリチルリチンには細胞膜を修復し、さらに強化する作用があり、これが関連していると考えられている。

ここに注意

長期間服用すると、まれに水腫や血圧の上昇などがみられることがある。常用量を守るとともに、気になる症状が現れたときには使用を中止しよう。

成分豆知識

カンゾウは、痔や外陰炎などの外用薬としても有効である。この場合、患部をカンゾウの煎じ汁で洗浄してから温湿布をするとよい。 (山口)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る