コラーゲン

  • 体の弾力とハリを保ち丈夫な体を作る

なぜ体にいいのか

コラーゲンは動物の体内に最も多く含まれるタンパク質で、人体の全タンパク質の約30%を占めている。
細胞内のタンパク質や血液のタンパク質は水に溶けた状態で存在しているが、コラーゲンは繊維や膜などのように構造体として体内に依存している。したがって、コラーゲンの第一の役割は体内臓器の形を作る、支える、といった体の枠組みを作るところにある。第二の役割は体の細胞と細胞の間を埋める、すなわち細胞の接着剤としての存在である。
体内では絶えずコラーゲンの分解と合成が繰り返されるが、加齢とともに分解よりも合成が間に合わなくなり、バランスが崩れ、体内のコラーゲン量は減少してくる。
例えば皮膚では真皮においてコラーゲンが繊維状にゆるく絡み合って網目構造を作っている。これが弾力性、伸縮性のもとになり、力が加わると網目構造はその力に応じて変形する。そして力がかからなくなると元の形に復元する。
しかし加齢と共にコラーゲン量が減り、網目構造の1本、1本のコラーゲンが細くなったり、まばらになると、肌の弾力性や伸縮性の力が不十分になる。これがたるみやしわの原因になると考えられている。
不足したコラーゲンを摂取して補おうとすると、コラーゲンはタンパク質であるため、体内で消化されてしまう。しかし他のタンパク質食品と同じように摂取したコラーゲンがそのまま体内のコラーゲンにはならない。摂取したコラーゲンをもとに体内でのコラーゲン合成に進むしくみなので、コラーゲンのみの摂取ではなく、コラーゲン合成に必要なビタミンCや鉄も同時に摂取することをお勧めする。

ここに注意

ここ数年来、肌のハリやしわなどを改善する効果があるとして、コラーゲンを配合した化粧品や美容注射が巷を賑わしている。しかし、皮膚の保湿や新陳代謝の活性効果が認められているものの、肌からの吸収についての詳細は今のところはっきりしていないのが現状である。
そうした事情について十分納得して使用するのが賢明だろう。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る