コンドロイチン

  • 成長期にしか合成できない貴重な成分

なぜ体にいいのか

コンドロイチンの語源は「軟骨のもと」という意味のギリシャ語である。動物の細胞、繊維、臓器などを結びつけ、それらの支持、保護、栄養補給の役目を果たしているのが結合組織だが、この主要成分が「ムコ多糖体」と呼ばれるものである。コンドロイチンはこのムコ多糖体を構成する成分のひとつである。
ムコ多糖体はネバネバした粘着物であるために膠質とも呼ばれる。老化はこの膠質の状態の老化、特に水分と結合する力の低下により起こるといわれている。ムコ多糖体がネバネバしているのは、水分に富み、体の水分調整の役割を担うためである。しかし加齢と共に水分量が減少し、また体内ではコンドロイチンの分解と合成の力が分解に偏りはじめる。結果として保水力が失われるのが老化への道筋である。
体内合成量が減れば外部からの補給が必要になるが、医薬品の多くに用いられているくらい、効能には確かな期待がもてるとされている。老年になって失ってしまいがちな本来の身体機能面を回復するという意味では、関節の痛みや代謝を正常化する作用などが報告されている。ほかにも、コレステロールと過酸化脂質を除去することから、動脈硬化防止、骨折の回復や骨の成長の促進などに効果が認められている。
また、日本では、ネフローゼやリウマチ、神経痛、五十肩、脱毛症、夜尿症などの薬に活用されている。

摂取方法について

コンドロイチンは、自然界の食物では比較的、動物性のものに多く含まれているといわれているが、その量は健康効果を期待するには心もとない。今日では、老化防止のためのコンドロイチンを含んだサプリメントが多く出回っているため、それらをうまく活用させるのが賢い方法といえるだろう。ちなみに、原料として使われているのは、主にサメの軟骨や牛の軟骨が多い。
また、中高年の関節の痛みなどには、変形性関節症や腰痛に効くとされている「グルコサミン」を併用することがおすすめだ。一般に販売されている健康食品にも両者が含まれていることが多いのは、相乗効果を狙っているためである。(浜田)

コンドロイチンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る