コエンザイムQ10

  • 活力を保つために必要なエネルギー生産を助ける

なぜ体にいいのか

コエンザイムQ10は、エネルギーを生産する際に欠かせない補酵素。もともと体内でも作られるのだが、歳をとるにつれて合成されにくくなる。不足してくるとエネルギー生成力が弱まって、肌の老化や免疫力低下、また疲れやすい、肩こり、冷え性などの症状に現れてくる。
臓器や筋肉が働くためにはエネルギーが必要になるが、エネルギーを生み出すもとになるのがATP(アデノシン三リン酸)という物質だ。血糖や脂肪酸からATPを生成するときに、コエンザイムQ10が重要な役割を担っている。さらに、抗酸化力、免疫機能の強化、心臓機能の維持にも働く栄養素だ。例えば血管内のLDLコレステロールが悪玉の「酸化LDL」に変わるのを抑えるので、動脈硬化などの予防にも効果があるし、細胞のエネルギーを生成しやすくするので、疲労回復や加齢に伴う肌のトラブルの修復にも効果が期待できる。さらに、飲み続けると心肺機能が向上したり筋肉の修復がスムーズに行われることなどから、運動をする人に適した栄養素ともいわれている。
コエンザイムQ10は、以前からうっ血性心疾患などの治療薬として使われていたもので、2001年4月の食薬区分改正によって、サプリメントに使用できるようになった成分。別名ビタミンQ、ユビキノンともいわれる。ユビキノンは「ubiquitous(ユビキタス=至るところに存在する)」という言葉から付けられたもので、あらゆる細胞に存在していることを意味している。特に生まれてから一生働き続ける心臓での含量が高い。

摂取方法について

コエンザイムQ10は、加齢だけでなく、ストレス、偏った食事などでも不足しがちな栄養素。牛肉、豚肉、レバーなどの肉類、かつおやいわし、さばなどの青背の魚類には比較的多く含まれるが、食物だけで完全に補給するのは難しい。サプリメントで効果的に摂りたい。摂取量の目安は、1日60~100mgだが、さらに高濃度の摂取でも副作用がないという報告もある。
また、ビタミンEの抗酸化力やビタミンB6の免疫増強作用を補強する働きもある。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る