田七ニンジン

  • 止血作用に優れ、血流も整える貴重な生薬

なぜ体にいいのか

田七ニンジンは高麗ニンジンと同じウコギ科の植物だが、生薬となる根の部分は高麗ニンジンと違って3~5cm程度と短く、丸いのが特徴だ。種をまいてから収穫までに3~7年かかり、さらに生薬とするために掘り起こした根を使う。手間暇かかることから、古くから「金不換」(金にも換えがたい)といわれるほど貴重なものとされてきた。
田七ニンジンには、高麗ニンジンにもみられるジンセノサイドのほか、デンシチン、サポニン配糖体、有機ゲルマニウムなどが含まれている。特にアミノ酸の一種であるデンシチンは田七ニンジンに特有の成分だ。デンシチンには、止血や痛み止めの作用があり、外傷だけでなく胃潰瘍などの内臓の出血にも効果がある。
また田七ニンジンの主要成分であるサポニン配糖体は、高麗ニンジンに含まれるニンジンサポニンと類似しており、血中のコレステロール値を低下させ、血液の流れを良くする働きがある。血流改善により、高血圧、心臓病などの予防にも効果がある。
さらに免疫力を高めるとともに、強い抗ガン作用があることもわかっており、これには、田七ニンジンに含まれる有機ゲルマニウムとの相乗効果が考えられている。ウイルス感染を防ぐため、細胞ではインターフェロンという物質が絶えず作られているのだが、有機ゲルマニウムには、このインターフェロンを誘発する作用があるといわれている。それがガンにも効果を発揮すると考えられているのだ。
ほかにも肝細胞を再生する作用があり、飲酒による肝機能低下が気になる人にも効果があるようだ。

成分豆知識

田七ニンジンには根をそのまま乾燥させた「生田七」とミツロウで処理して保存性を高めた「熟田七」の2種類がある。

摂取方法について

田七ニンジンのサプリメントには、粉状、粒状、エキスを抽出したものなどがある。健康維持のためなら、生薬成分として1日2~5gを目安に、数回に分けて飲むと効果的だ。またティーバッグタイプのものもあり、お茶として飲むこともできる。(早川)

田七ニンジンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る