核酸(DNA・RNA)

  • 新陳代謝を助け、遺伝子を修復する

なぜ体にいいのか

核酸は、細胞の分裂と生成を担う成分で、遺伝情報を持つDNA(デオキシリボ核酸)と、その遺伝情報に従ってタンパク質を作る手助けをするRNA(リボ核酸)がある。体内の細胞は常に新陳代謝を繰り返しているので、たくさんの核酸を消費している。
核酸は肝臓で作られる(デノボ合成)か食物中の核酸を利用して合成される(サルベージ合成)形で補われるが、年齢とともに、デノボ合成が衰えてくる。そのため、食品から補給する必要が出てくる。核酸が不足し始めると、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、老化が進むことがわかっている。
人体では、皮膚や毛髪、生殖器官で特に新陳代謝が盛んで、核酸もたくさん消費される。そのため、核酸を補っていれば皮膚のはりや髪の美しさを保つこともできる。また核酸を構成する成分の中にアデノシンがあるが、これは抹消循環をよくする作用があるので、肩こりや冷え性の改善に効果が期待できる。さらに、活性酸素でダメージを受けた細胞を修復したり、遺伝子情報の狂いを未然に防ぐ作用があるので、免疫機能の向上にも効果がある。
またガン細胞の増殖を抑えるという報告もある。そもそも核酸は、体内で一定必要量に保たれているもの。つまり食品から摂る核酸が増えれば、サルベージ合成が増えてデノボ合成が減少する。ガン細胞は主にデノボ合成された核酸を栄養にするので、核酸を摂ることで、ガン細胞の栄養が減り、増殖スピードも鈍るというわけだ。

摂取方法について

1日に必要な核酸の量は、2~2.5gといわれる。普段の食事で1g程度は補えるので、サプリメントなどで残りの1~1.5gを補ってもいいだろう。
食品では、サケやふぐの白子、いりこやちりめんじゃこ、酵母に核酸が多く含まれているが、高尿酸血症や痛風の症状のある人がこういった食品を摂ると症状を悪化させるという指摘もある。それは、尿酸は核酸の構成成分であるプリン体が体内で代謝されて生じる物質だからだ。痛風の予防には核酸の多い食品の摂取は控えるべきである。
また核酸は、ビタミンEやエネルギーの代謝に必要なビタミンB群と摂取すれば、さらに効果を発揮する。(早川)

核酸(DNA・RNA)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る