卵黄油

  • 中性脂肪を下げ、高血圧や糖尿病にも効果的

なぜ体にいいのか

卵黄油は、鶏卵の卵黄を弱火にかけ、長時間混ぜ続けてできた油で、古くから民間薬のひとつとして利用されてきた。
卵黄油には、細胞膜の構成成分であるリン脂質が約30%含まれる。このリン脂質の中にはレシチンが含まれている。レシチンは、血液中のコレステロールを乳化させて、血管壁に沈着するのを防ぐ効用がある。
そのうえ中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、動脈硬化を抑制したり心臓病を予防する効用も期待できる。また血行をよくする働きもあるので、冷え性や更年期障害、肩こり、便秘、白髪、ハゲなどにも効果があるとされている。
さらにレシチンには筋肉、特に心筋を強化し、心臓機能を高める効用もある。そのため、動悸、息切れ、心筋梗塞などの予防にも効果を発揮する。
さらに脂肪組織や骨格筋、心筋組織にある酵素の活性を高め、脂質代謝を活発にするので糖尿病や肥満が気になる人にもおすすめだ。
卵黄油はレシチン以外に、ビタミンEも多く含む。ビタミンEは、抗酸化作用により、細胞の老化や動脈硬化の進行を抑える働きがあるとされている。
ほかにも、卵黄油はリノール酸やオレイン酸(不飽和脂肪酸)、ビタミンAなどを含んでいる。

ここに注意

前述の通り、卵黄油にはレシチンが含まれているので、コレステロールが気になる人にすすめられる。しかし、卵黄は高コレステロール食品であり、卵黄油自体にもコレステロールが含まれるので、過剰な摂取は逆効果になる。

摂取方法について

卵黄油は家庭でも作ることができるが、時間も手間もかかるので市販の卵黄油がおすすめだ。一般には、朝晩2~3滴が目安だが、独特の匂いがあって飲みにくいので、舌の奧の方にたらすか、オブラートに包んで飲むとよい。また、カプセル状のものも販売されている。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る