胃が痛い

メカニズム

胃液はpH2という強い酸。胃粘膜は粘液(保護液)を出して、胃酸から自らを守っている。胃酸が強くなりすぎたり、粘液がうまく分泌されなれないと、胃粘膜があれて胃炎になったり、さらに深く掘れて胃潰瘍ができたりする。胃酸の分泌を亢進させるのは、暴飲暴食、刺激物、アルコール。粘液の分泌を低下させるのは、ストレス、タバコである。また、再発する潰瘍の場合は、1週間のピロリ菌除去治療をすることで再発を防止できる。胃が痛むのは、粘膜が掘れているとき。深く掘れていても、進行が止まっていれば痛みはない。したがって、痛いときだけ薬を飲んでいたのでは、どんどん潰瘍を深めてしまう。なかには胃ガンの可能性もあるので、痛みが続くときは病院を受診すること。また、胃が痛む部位によって、別の臓器の疾患も疑われる。・中央部/食後:胃・やや右寄り/食前:十二指腸・やや右寄り/食後:胆のう・やや左寄り/食後:膵臓高齢者の場合は、狭心症や心筋梗塞など心臓の痛みを胃の痛みと感じることもあるので注意したい。

解消・予防のためのアドバイス

暴飲暴食、刺激物、アルコール、タバコは胃潰瘍を悪化させるので避けること。ストレスもためないようにしたい。牛乳や乳製品は胃粘膜を保護してくれるので積極的に摂ることをおすすめする。アロエにも抗潰瘍作用がある。胃の粘膜を正常に保ち、潰瘍を修復する働きがあるのはビタミンA(β-カロテン)。亜鉛には胃の内壁の膜を傷つける物質の分泌を抑える作用がある。またストレスに対抗し、胃の痛みの原因を解消するためにも、ビタミンCの補給は欠かせない。ただし、Cは酸性で刺激があるので、空腹時に摂らないように。空腹時に痛むのは、胃酸が強すぎるのが原因なので、胃酸を中和するマグネシウムや重曹が効果的だ。(後藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る