イソフラボン

  • 女性ホルモンと同様の働きで骨粗鬆症を予防

なぜ体にいいのか

イソフラボンとは、大豆が発芽する部分「胚芽」に含まれる植物性ポリフェノールの一つである。化学構造が女性ホルモンのエストロゲンとよく似ているため、「フィトエストロゲン(植物エストロゲン)」と呼ばれている。
これは体内でエストロゲンと同じような働きをし、同じような効果があると考えられているが、作用は穏やかで、その効き目はエストロゲンの1000分の1~1万分の1といわれている。
エストロゲンは女性に生理をもたらし、女性の体つきや美しい肌をつくっている。また骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きをもち、動脈硬化、高コレステロール血症を予防する。イソフラボンもこのようなエストロゲン様作用をもっている。またエストロゲンが過剰な状態にあるときは、エストロゲンの受容体にイソフラボンが結合し、エストロゲンの働きを抑える抗女性ホルモン作用もある。
エストロゲンは更年期障害に深くかかわっており、エストロゲンが少なくなることでイライラやのぼせ、頭痛などの症状が出てくる。イソフラボンがエストロゲン作用を補うことで、更年期症状を軽減させながら、一方では過剰なエストロゲンにより高まる乳ガン発症のリスクを抑える効果もある。

ここに注意

加齢だけではなく、無理なダイエットによってもエストロゲンは減少する。骨粗鬆症の予防には、更年期に入る前から食生活に大豆などを取り入れ、積極的にイソフラボンを摂取するように心がけたい。
サプリメントでは大豆を原料として「大豆イソフラボン」と表示されている。また更年期特有の症状改善に役立つといわれているブラックコホシュや生理中の悩みによいといわれているチェストツリーなど、女性特有のさまざまな症状に応じて異なる機能成分を複合した商品もある。大豆イソフラボンの配合量も異なるので、表示をよく確認して選びたい。
イソフラボンの摂取の目安は1日約40mgだ。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る