神経痛

メカニズム

末梢神経の流れに沿って痛みを感じることを神経痛と呼ぶ。痛む場所はどれも末梢神経の領域で、刺すような激しい痛みに突然襲われる。痛みが長く続くことはあまりないが、繰り返し起こるのが特徴だ。頻度の高い神経痛には、以下の3種類ある。

  1. 三叉神経痛こめかみから目、あご、頬に沿って枝分かれする3本の神経を三叉神経といい、この部分が痛む。ときに激しく痛み、前頭部まで痛みが及ぶ場合もある。主な原因は、脳に流れる血管が神経を圧迫するためといわれる。
  2. 肋間神経痛肋間神経は背中から出て、胸、腹部に伸びる左右12対の神経で、痛みは肋間(肋骨の間)に沿って起きる。脊椎や脊髄、肋骨の病変、帯状疱疹(たいじょうほうしん)などによって起きるが、まれに心臓や呼吸器の病気が原因となることもある。
  3. 坐骨神経痛坐骨神経は神経の中でももっとも長く、臀部から大腿部、ふくらはぎまで縦に伸びる。そのため坐骨神経痛の痛みは、下肢の広い範囲に及ぶ。椎間板ヘルニアなどで脊椎どうしが圧迫され、はみ出した椎間板(背骨間にある軟骨)が神経に触れることなどが原因になって起こる。

このように、神経痛の原因は神経そのものにあるのではなく、何らかの病気に起因するものが多いので、まずはそちらを治すことが先決だ。このほか、加齢による筋肉の硬直や、体が冷えて筋肉が硬直したことが原因になることもある。

解消・予防のためのアドバイス

神経痛の最大の敵は、冷えからくる血行不良。ビタミンEやイチョウ葉エキスで血管を丈夫にして血流を促進したり、ヨモギで体を温めるのが有効だ。また、血液をサラサラにする効果のある黒酢や米酢、シイタケを摂るのもおすすめだ。神経痛の予防には、日頃からの適度な運動や、寝る前の軽いストレッチが有効だ。神経痛は高齢者に限って起きるわけではない。冷房の効きすぎるオフィスで長時間のデスクワークを続ければ、体は冷やされ、筋肉は硬く、足腰の血行も悪くなる。こうした状態が続けば、誰でもかかり得る病気であると覚えておこう。(佐藤、川嶋)

この症状に関連する成分

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る