トウガラシ(カプサイシン)

  • ホルモンの分泌を促し、体内の脂肪を分解する

なぜ体にいいのか

トウガラシのピリッとする成分をカプサイシンという。最近では、サプリメント飲料としてトウガラシのエキス入りの清涼飲料水などが市販され、ダイエットに効果があると注目されている成分でもある。
このカプサイシンは、トウガラシの種子やめしべの一部に含まれる辛味成分で、体内に入ると副腎皮質に働きかけ、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのホルモンを盛んに分泌させる。これが、エネルギーの代謝を活発にして、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンの分解を促進させ、さらに体内の脂肪も燃焼させるので、肥満の解消に効果を発揮する。トウガラシを食べた後身体が熱くなったり、汗をかいたりするのはこの作用だ。食べ過ぎは禁物だが、肥満に結びつきにくいという効用がある。
また、皮膚の温度を上昇させるので、血行がよくなって肩こりや冷え性が改善され、加えて心臓の働きを高めて、血圧の上昇を抑えることもわかっている。肩こりや冷え性には、トウガラシを外用するのも効果的といわれている。
糖尿病に関しては直接の効用があるのではなく、肥満の解消が糖尿病の改善につながるという意味で、補助的役割としての効用があると考えられる。

摂取方法について

トウガラシは日本でも古くから「タカノツメ」と呼ばれておなじみの食品だが、主成分のカプサイシンには強い殺菌作用もある。この殺菌作用はぬか床(風味としても)に入れたり、米の保存(米に直接ふれないように、米びつの蓋などにトウガラシを貼っておくと防虫効果がある)に利用されたりと、体験的な効用として日常に取り入れられてきた。
また、調理する際にも、トウガラシとニンニクを一緒に使うと、ニンニクによって血液の流れがよりスムーズになり、さらにカプサイシンがエネルギーの代謝を活発にすることで、体内の老廃物を効率よく外へ出す。
つまり疲労回復に効果があるわけだが、今やすっかり大人気メニューとなったスパゲティ・ペペロンチーノや、中華料理全般は、まさにこの健康効果に合致した料理といえるだろう。 (山口)

トウガラシ(カプサイシン)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る