キチン・キトサン

  • 血圧、血中コレステロール値を抑え、免疫力を高める

なぜ体にいいのか

キチンはカニの甲羅などに含まれている水にも酸にも溶けない動物性の食物繊維。これを化学処理したものが、キトサンである。キトサンになると、水には溶けないが酢や胃酸には溶けるようになる。化学処理の際、どうしてもキチンが残り、キチンとキトサンが混じった状態になるため、キチン・キトサンと2つの物質名を重ねて呼ぶが、人体に有効な働きをするのは、主にキトサンである。
キトサンはアミノ基というものをもっている。これは、食物繊維の中ではキトサンだけの特徴だ。このアミノ基には有害物質を吸着する作用があり、例えば高血圧の原因となる塩素を腸管内で吸着して体外へ排泄する。そうすると血圧への影響がなくなるため、降圧効果が得られるという。同様に、コレステロールから作られる胆汁酸を吸着して排泄してくれる。すると胆汁酸を作るためにコレステロールが肝臓に運ばれるので、血中のコレステロールが低下するというしくみだ。
このほか、ラットの実験やヒトへの投与で、キトサンはマクロファージを活性化させる、コレステロール値を下げる、ビフィズス菌を育成促進する、抗菌作用がある、といった効果も認められている。
マクロファージは免疫に大きくかかわる細胞で、生体内に侵入した異物を消化する。したがって、マクロファージが活性化するということは免疫力が高まるということ。病気にかかりにくくなるし、体本来の力で治癒できるようになる。
最近の研究で特筆すべきは、キトサンが体内に残存するダイオキシンの排泄に深く関与しているらしいということ、そして人体に対して毒性の強い重金属を体外に排出する働きをもっているらしいことだ。ますます劣悪な環境で生きていかねばならない現代人には聞き逃せない。

ここに注意

キトサンは食物繊維なので摂りはじめは下痢や便秘になることがある。またまれに吐き気・腹痛を起こし、さらに湿疹や眠気、倦怠感など、体質に合わない場合もある。このような症状が出たら摂取を控え、状況に応じて医師に相談してほしい。(山口)

キチン・キトサンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る