健やかな脳を育てる

メカニズム

人間の脳の重さは体重の2%だが、エネルギー消費量は体全体の18%と、ほぼ5分の1を占める。いかに脳がたくさんの栄養を必要としているかがわかる数字だ。身体と違い、脳はエネルギー源としてブドウ糖しか利用できない。だから、糖質を絶つダイエットは脳にダメージを与える危険性がある。朝食抜きも同じこと。集中力に欠けるため、テストの成績が悪いというデータもある。逆に、ドライバーにブドウ糖を摂らせた実験では、注意力が増して事故防止に有効という結果が出ている。仕事の合間に甘いものを食べて意識がハッキリした経験などは、誰にでもあるだろう。一方、脳を作り、発達させるのに必要なのは脂質とタンパク質。脳細胞間で情報伝達を行う神経線維はその構造のほとんどが脂質で、神経組織の構造を作っているのはタンパク質だ。特に脳の発達の著しい幼児期(6歳まで)は、良質のタンパク質、良質の脂質を摂るようにしたい。

解消・予防のためのアドバイス

脳の発達を促進する栄養として第一に挙げられるのは、プロテインとレシチン。レシチンは大豆や卵黄に多く含まれるリン脂質で、脳細胞間の情報伝達物質である「アセチルコリン」の原料となる「ホスファチジルセリン」という物質を含んでいる。ビタミンも重要だ。特にビタミンB群は必須。B1、B2、ナイアシンはブドウ糖の代謝に関わり、B6、パントテン酸、葉酸は神経伝達物質の合成に関わる。B群が欠乏すると興奮や疲労、不安、怒りっぽいなどの症状が出るという研究結果や、「記憶力や概念の抽象化に劣る」という研究結果が報告されている。オメガ3系の不飽和脂肪酸を含むDHA・EPAも健脳サプリメントだ。特にDHAは、神経細胞に多く含まれ、情報伝達や記憶力などに影響すると考えられることから「頭が良くなる脂肪酸」といわれる。最近問題の「多動児」にもDHA・EPAは効果的ともいわれる。これに血液の循環をよくし、抗酸化作用もあるイチョウ葉エキスをプラスすると、脳の活性化が促進される。子どもに限らず、大人でも集中力や気力を高めたい時に摂取したい。(佐藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る