ニンニク

  • コレステロールを排除して、血液の流れをスムーズにする

なぜ体にいいのか

ニンニクは世界各地の料理に日常的によく使われている香味野菜である。古代エジプト人が労働力を補うために利用していたといわれ、日本でも「おおびる」の古名ですでに『源氏物語』に登場するなど、強壮剤として長い歴史をもつ。もちろん中国でも漢方生薬のひとつとして数えられるほどだ。
ニンニクの効力は、主にアリシン、ビタミンB1、スコルジニンの3つの成分にあると考えられている。
ニンニク特有の匂いの正体は、このアリシンという物質によるもので、強力な殺菌・解毒作用や抗酸化作用があるので赤痢菌や寄生虫駆除、さらにコレラ菌やチフス菌などの強力な菌にまで有効であることがわかっている。
また、疲労回復に欠かせないのがビタミンB1。ニンニクには、このビタミンB1も豊富に含まれているが、アリシンはビタミンB1の働きをサポートして、効力を高める役割も果たしている。
さらに近年、アメリカなどではガンを予防する食品として高い評価を得ている。
ニンニクの中でも匂いに関係しないのがスコルジニンという成分。末梢血管を拡張し、血液の流れをスムーズにすることで、血中の余分なコレステロールを排除する働きがある。

ここに注意

食べすぎると腹痛や貧血の原因になる場合があるので、摂取量は生ニンニクで1日1片、火を通すなら2~3片程度が目安。また、子供は大人の半量以下にとどめよう。

成分豆知識

ニンニクにはもともとアリインという物質が含まれており、ニンニクをおろしたり、刻んだりすると、ニンニク中のアリイナーゼという分解酵素が働き、食欲をそそる特有の匂いとともにアリシンを生成する。このアリシンやアリインをニンニクの特有成分「アリル化合物」と呼ぶ。このアリル化合物がビタミンB1と結合しやすく、B1がアリシアミンという物質に変化して、より体内への吸収が高まり、疲労回復に役立つ。これがニンニクのスタミナ効果の中心と考えられている。(山口)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る