ニンジン(高麗ニンジン)

  • 有効成分が働き、体の異常な部分を正常な状態に戻す

なぜ体にいいのか

高麗ニンジン(朝鮮ニンジン)は、ウコギ科と呼ばれる多年草の根っこを乾燥させたものをいう。それ自体が生薬で、東洋で2000年以上も前から使用され続けている滋養強壮剤として、日本でも漢方薬として使用されており、多くの有効成分を有した代表的なサプリメントである。
高麗ニンジンの多様な効用は、その成分であるジンセノサイド(サポニンの一種)やビタミン、ミネラルが統合的に作用するためと考えられている。自己の免疫力を高め、肉体的、精神的な疲労を回復させれば体に活力が生まれ、体に起こるさまざまな異常が正常な状態に戻っていくという好循環が生まれるのだろう。さらに高麗ニンジンを蒸し、熱風乾燥して作った「紅参」には、強い抗ガン作用があるという報告もある。
サポニン以外にもアミノ酸、ペプチドグルカンなどが含まれ、効果を発揮している。
例えばアミノ酸の一種アルギニンは血管拡張の伝達物質の生成を高める働きをする。

ここに注意

漢方薬として使われるほどの効能があるということは、その用法の注意や摂取量などはきちんと守る必要がある。以下に使用できない場合を挙げるので、しっかりと覚えておこう。また、ここに記載がない場合でも、不安のある人は進んで専門家のアドバイスを受けることをおすすめする。

摂取を避けるべき場合

  1. 腎臓障害で尿量の減少、むくみがある
  2. 風邪などで熱がある
  3. 長期間の摂取により、不眠、動悸、血圧上昇、頭痛がある
  4. 高血圧によるめまい、のぼせがある
    ※多量の摂取により脳出血を起こす危険がある

摂取方法について

高麗ニンジンは、煎じて飲むのが一番効果的とされている。滋養強壮には1日1.5~5gが適量。ほかにも手軽なお茶、顆粒、ドリンク剤などがある。

食品豆知識

同じウコギ科の多年草、田七ニンジンにも高麗ニンジンとほぼ同じ効用がある。(山口)

ニンジン(高麗ニンジン)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る