ケール

  • 青汁健康食品の主要原料としても有名

なぜ体にいいのか

野菜不足による健康バランスを整えるために一躍ブームとなった青汁健康法。この青汁に含まれる主要原料として、広く名前が知られるようになったのがケールである。原産は地中海沿岸の地域で、キャベツやブロッコリーの原種ともいわれている。キャベツ類の一種ではあるが、結球せずに成長するアブラナ科の野菜である。
緑黄色野菜であるケールには豊富なβ-カロテンが含まれているため、ビタミンAの効力が存分に発揮され、動脈硬化やガンの元凶である活性酸素の抑制、視力の回復や向上、呼吸器や消化器といった臓器の粘膜の強化につながる。同じく含有量が多いビタミンCは、抵抗力の強化、風邪の予防、ストレス対策に用いられる成分として知られていることはいうまでもない。
また、カロテン、葉酸、鉄、食物繊維など大部分の緑黄色野菜がもっている栄養素も当然ながらもち合わせており、整腸作用がある食物繊維や造血、血栓予防に効果的といわれている葉緑素、ほかにミネラル類も含んでいる。

摂取方法について

飛び抜けた栄養価をもつケールだが、日本のスーパーや青果店でみかけることはほとんどなく、もっぱら青汁製品として市販されている。生の青汁を冷凍したものから、粉末、顆粒状になったものがおなじみだ。
実は、栽培が簡単なこともあり、ヨーロッパでは家庭菜園で好まれるほど、日常的に食卓にのぼる野菜である。サラダとして生のままで食べる以外にも、ゆであげたものをバターや生クリームと合わせたり、炒め物、煮物としても利用されている。

成分豆知識

生のケールやキャベツの類いに含まれるビタミンUは別名「キャベジン」と呼ばれている。このキャベジンについては医学界でも意見がまちまちで、未だ解明されていない部分が多い成分だが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治す上で大きく貢献するといわれている。また、胃の粘膜の代謝を増強し、胃酸の分泌を抑制することにも有効性が確認されているため、胃腸薬にも使われている。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る