紫イモ

  • 豊富なポリフェノールが生活習慣病に働く

なぜ体にいいのか

紫イモには、サツマイモ本来の成分に加え、アントシアニンやクロロゲン酸が含まれている。また、β-カロテン、ビタミンB1、マグネシウム、カリウム、ミネラル、ビタミンCなども多く含まれる。
なかでも注目すべきは、アントシアニンだ。アントシアニンは、赤ワインやブルーベリーなどにも含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化作用や免疫力向上の効用がある。
アントシアニンの効用のひとつに、肝機能の向上促進が挙げられる。これはアントシアニンに抗酸化作用があるので活性酸素を除去して肝機能を向上させる作用があるためだ。アントシアニンの活性酸素除去効果は、ガン予防にも有効とされている。また血圧を上げる酵素、アンジオテンシン変換酵素を阻害するので血圧抑制作用も期待できる。
パソコンを毎日長い時間使う人や、目が疲れやすい人にも、紫イモを意識して摂ることをおすすめしたい。アントシアニンには、視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、疲れ目を改善し、視力を向上させる効果があるからだ。よく「ブルーベリーは目によい」といわれるが、これはブルーベリーがアントシアニンを多く含むためである。

摂取方法について

普通のサツマイモ同様に調理して食べられるのはもちろん、現在、紫イモを使ったさまざまな食品が販売されているので、それを利用するのも手。市販の紫イモ食品には、菓子類や酒、酢などがある。

成分豆知識

アントシアニンと同じく、紫イモに豊富に含まれるポリフェノール、クロロゲン酸。これらには抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化などの原因である活性酸素を除去する作用がある。例えば発ガン性物質を作る、亜硝酸塩にクロロゲン酸を加えると、亜硝酸塩は分解されてしまう。
クロロゲン酸は鉄分の吸収を妨げる働きがあるので、貧血などで鉄剤を飲んでいる人は、避けたほうがよい。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る