ラクトバチルス アシドフィルス CK92株

ヒト腸管へ生きて到達し、プロバイオティックな効果を与える。古来より世界各地で乳製品に利用されてきた長い食経験がある。

作用・効果および機序

CK92株は、生きて腸内に到達し、腸壁に接着している有害菌を排除することにより腸内環境を改善する。また、生成した乳酸が腸壁を刺激してぜん動運動を促進し、排便回数が増加して便通の改善がもたらされると考えられる。

毎日300ml飲めば便秘に効く

便秘傾向を有する健常人10人を対象に、1日あたりプラセボ飲料100ml、CK60とCK92入り乳酸菌飲料100ml、CK60とCK92入り乳酸菌飲料300mlを順に摂取させ、排便回数、便性状のアンケート調査をおこなった。

その結果、300ml摂取期間の平均排便回数は、プラセボまたは100ml摂取期間より増加した。

子供では毎日100mlで効く

CK60とCK92入り乳酸菌飲料を、健常な幼児6人(9ヶ月〜3歳)に1日あたり100mlを2週間摂取させた。摂取前、摂取1週間目、摂取2週間目、摂取終了後1週間目の計4回糞便分析をおこない、摂取による幼児の糞便内菌叢に及ぼす影響を調べた。

摂取1週間目の糞便内菌叢において、摂取前に対してビフィズス菌の占有率は増加し、乳酸桿菌属の出現者数は有意に増加し、悪玉菌のクロストリジウムの出現数は有意に減少した。

CK92に関連する乳酸菌

  • GCL2505

    GCL2505株はグリコ乳業が独自に見つけ出した菌株で、健康な大人のお腹から見つかったビフィズス菌です。もともと人の体内の環境に適しているため、生きたまま腸…
  • FK120

    酪農の国、デンマークから取り寄せられたビフィズス菌で、生きたまま腸まで届く強健な性質を持っています。 FK120株を摂取すると、腸内常在菌に大きな影響…
  • シロタ株(シロタ)

    シロタ株とは、後にヤクルトの創始者となった、京都帝国大学(現・京都大学)の代田稔(しろたみのる)博士が1935年に培養に成功した乳酸菌です。 まだ医療…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る