不安不眠が改善

CP2305株を保有するカルピス社と徳島大学医学部でストレス制御の研究をする六反一仁(ろくたんかずひと)教授との共同研究により、この乳酸菌には腸内環境を整える作用とストレス緩和作用があることが発見されています。

研究では、解剖実習という大きなストレスがかかる医学部学生を対象におこないました。学生を2つのグループに分け、CP2305株発酵乳を4週間食べるグループと、擬似発酵乳を摂取するグループを比較対照したところ、アンケート調査の「不安」と「不眠」の項目で大きな差が見られました。

実際、被験者の唾液を調べてみると、CP2305株を摂取したグループは、ストレスホルモンであるコルチゾールなどの増加が抑制されていました。

胃の不快感、腹痛も軽減

また同じアンケートでは、ストレスの影響を受けやすい、いわゆる「お腹の調子」という面でも、「胃の不快感」「腹痛」といった項目で大きな差が見られました。

お腹の調子に大きな影響を与える腸内フローラの環境をみてみると、CP2305株を摂取することで善玉菌が増加傾向にあることがわかります。

これにより、大腸菌などの悪玉菌が減少し、ストレスによる腸内環境の乱れが改善されていることが確認されました。

CP2305に関連する乳酸菌

  • P-IF

    乳酸桿菌(ラクトバチルス)属のケフィリに分類される「P-IF」は、便通を改善する乳酸菌です。…
  • SBR1202

    人間の腸内には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌といわれるものや、ウェルシュ菌や大腸菌腸などの悪玉菌といわれるものなど、300~400種、総数100兆個以上…
  • CK60

    ヒト腸管へ生きて到達し、プロバイオティックな効果を与える。古来より世界各地で乳製品に利用されてきた長い食経験がある。 CK60株は、生きて腸内…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る