選び出された乳酸菌

LG21は、明治乳業が所有する約2500種類の乳酸菌の中から、「増殖性」「乳酸産生能」「胃上皮細胞への接着能」「耐酸性」「安全性」を指標に実験で選定したところ、もっとも条件に合致するものとして選び出されたヒト由来の乳酸菌です。

正式名称は、ラクトバチルスガセリOLL2716株。頭文字の「L」と「G」、菌株ナンバーの「2」と「1」をとって、LG21と呼ばれています。

ピロリ菌を減少、胃粘膜改善

LG21は、前項LC1とともに、ピロリ菌への除菌効果で注目を集めている乳酸菌です。

臨床試験では、ピロリ菌の感染者に1日2個のLG21入りヨーグルトを摂取してもらったところ、2カ月後には8割の人のピロリ菌が減少し、胃粘膜の炎症が改善するなどの効果がありました。

また、除菌後や感染していない人も、LG21を摂取することで、ピロリ菌感染予防効果を期待することができます。

ピロリ菌除菌の確率アップ

ピロリ菌を抗生物質のみで治療すると、除菌の成功率は約70%しかありません。なぜなら、ピロリ菌の中には抗生物質に耐性のある菌が存在するからで す。しかし、LG21は耐性ピロリ菌にも有効に働くため、LG21を併用した場合、除菌の成功率は約80%となり、薬剤のみの場合よりも効果が高くなるの です。

117人のピロリ菌感染患者を対象にした試験でも、薬剤治療のみでピロリ菌除菌に成功した人数は77.8%、LG21を併用して成功した人数は89.3%と、大きな差が出ています。

こうしたことから、ピロリ菌の除菌をする際には、LG21との併用を勧める医療機関もあります。

LG21(OLL2716)に関連する乳酸菌

  • BF-1

    BF-1株は、菌の生存性を高めるために、ヤクルトが独自に開発した菌株です。同社が従来使用しているビフィドバクテリウム・ブレーべ・ヤクルト株から作られました。…
  • LC1(La1)

    食品メーカーのネスレが保有する約4000種の乳酸菌の中で、生きたまま腸へ届き、腸への定着率もよいとされる乳酸菌です。 このLC1は、スイス・ローザンヌ…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る