分解されずに腸まで届く多糖

クレモリスFCは、GCL1176株と同様、カスピ海ヨーグルトを作る乳酸菌です。1986年、京都大学名誉教授の家森幸男氏がコーカサス地方から持ち帰り、種を知人に分けたことから人づてに広まりました。

クレモリスFCにも独特の粘りを作る力があり、その粘り成分の元となる菌体外多糖(EPS)は、人の消化酵素によって分解されないことが知られています。

腸まで届きやすいため、血糖値の抑制や免疫活性作用など、さまざまな健康効果を発揮します。

急激な血糖値の上昇を抑える

クレモリスFCには血糖値の上昇を抑える働きがあることが分かっています。まず、マウスを3つのグループに分け、何も投与しないグループ、牛乳を投与するグループ、クレモリスFCで発酵させたカスピ海ヨーグルトを投与するグループを作りました。

次に、グルコース(糖)をそれぞれに投与し、30分後、60分後、90分後、120分後の血漿グルコース濃度を測定しました。

その結果、何も投与されていないグループは30分後にグルコース濃度がピークに達しましたが、カスピ海ヨーグルトを投与したグループの濃度はそれより低く、60分後から緩やかに低下していきました。

牛乳にも血糖値を下げる働きがありますが、牛乳のみを投与したグループよりも、クレモリスFCのほうがより高い効果が得られました。

人に対する同様の実験でも、血糖値の上昇が抑えられたという結果が出ています。

インフルエンザ対策にも

クレモリスFCの作り出すEPSには、免疫活性作用もあります。マウスを用いた実験では、インフルエンザウイルスに感染させる7日前から感染後4日目までクレモリスFC株を与えたところ、体重の減少が抑えられNK活性が上昇していました。

この結果、生理食塩水のみを与えたマウスに対して、高い生存率が示されました。

そのほか、整腸作用、ストレスによる肌機能の低下やアトピー性皮膚炎の抑制など、クレモリス菌FCには様々な健康効果があることが証明されています。

クレモリスFCに関連する乳酸菌

  • ラブレ菌(コアギュランス)

    乳酸桿菌(ラクトバチルス)属のブレビス種であるラブレ菌(コアギュランス)は、生きたまま腸に届き、便通を改善する働きがあります。 また、コレステロール値を下…
  • N-1

    ラクトバチルス属カゼイ種である「N-1」は、便通の改善に効果のある乳酸菌です。…
  • FK120

    酪農の国、デンマークから取り寄せられたビフィズス菌で、生きたまま腸まで届く強健な性質を持っています。 FK120株を摂取すると、腸内常在菌に大きな影響…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る