古くからヨーグルト作りに使われてきた乳酸菌

ヨーグルトは、いまからおよそ7000年前から、主に東ヨーロッパ、中央アジア、北アフリカの遊牧民たちの間で食べられてきました。

ヨーグルトの本場といわれるブルガリアもそのひとつで、ここで使われていた伝統的な菌種が、ブルガリア菌と本項で紹介するサーモフィラス菌です。これは、ロシア生まれのノーベル賞生物学者・メチニコフによって1905年に発見されました。

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株をあわせてLB81といいます。古来ヨーグルト作りに使われてきたこの2つの乳酸菌は非常に相性がよく、組み合わせて使われることが多いのが特徴です。

相性のいい2つの菌

実際にブルガリア菌とサーモフィラス菌を牛乳に混合接種すると、まず生育の早いサーモフィラ ス菌が、牛乳の中のわずかなアミノ酸やペプチドを利用して増殖し、同時にブルガリア菌の生育に必要な蟻酸(ぎさん:蟻や蜂などが他の生物を攻撃するときに使う酸)を作ります。

するとブルガリア菌はこの蟻酸を取り込んで増殖し、同時にサーモフィラス菌の増殖を促進するアミノ酸やペプチドを作ります。

こうやってこの2つの乳酸菌は、お互いの弱点を補いながら増殖し、多量の乳酸を生成していくわけです。

整腸作用と美肌効果

LB81には、次のような効果が判明しています。まず、高い整腸作用。人を対象にした臨床試験では、便秘症状に有意な改善結果が出ました。

次に、肌を整える効果です。LB81を摂取した後に測定器で計測すると、肌の弾力が取り戻され、また乾燥を抑える効果も認められました。

LB81(1131)に関連する乳酸菌

  • N-1

    ラクトバチルス属カゼイ種である「N-1」は、便通の改善に効果のある乳酸菌です。…
  • シロタ株(シロタ)

    シロタ株とは、後にヤクルトの創始者となった、京都帝国大学(現・京都大学)の代田稔(しろたみのる)博士が1935年に培養に成功した乳酸菌です。 まだ医療…
  • BE80(DN-173)

    ビフィズス菌のほとんどは、pHの低い胃酸や胆汁酸によって胃腸と十二指腸で死滅してしまい、生存率が低下します。これらの細菌を生きたまま腸に届けるには、酸への強…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る