乾燥を抑えて美白に

ブレーベ・ヤクルト株は、ヤクルトが独自に保有するビフィズス菌です。同社の研究により、皮膚の乾燥を抑え、美肌に導く作用が認められています。

秋から冬にかけての乾燥時期に、ブレーベ・ヤクルト株発酵乳を1日100ml、4週間続けて毎日飲むグループと、飲まないグループの皮膚の水分量を 比べたところ、飲まないグループでは肌の水分値が低下したのに対し、飲んだグループは水分値が変化せず、皮膚を活性化する酵素量も増えました。

大気が乾燥する時期においても、変わりなく肌に水分を蓄えられるということです。

ブレーベ・ヤクルト株を日常的に摂取することで、乾燥による小じわなどが抑えられ、美肌効果が期待できます。

腸内から肌もきれいに

また、ブレーベ・ヤクルト株発酵乳を4週間飲用した際の腸内の環境を検査したところ、腸内の悪玉菌が生成する腐敗産物が、血中では約54%、尿中では約44%減少していることがわかりました。

皮膚も排泄器官のひとつなので、腸内がきれいになると、皮膚から出る毒素も減ります。このことから、腸内環境が皮膚にまで影響を及ぼすことが分かりました。

ビフィズス菌ヤクルト株

腸内環境を整えることは、お通じにも効果があります。

ブレーベ・ヤクルト株は、生きたまま腸内に到達し、腸内を弱酸性に保ち、善玉菌を増加させることが報告されています。

さらに、ブレーベ・ヤクルト株が生成する乳酸や酢酸は腸の運動を高めて便の水分調節をし、便秘や下痢の症状を改善します。

また、ブレーベ・ヤクルト株が生成する酢酸によって有害菌を減少させ、腸内有害物質を菌表面へ吸着することで、潰瘍性大腸炎の症状を和らげる効果があることも明らかになっており、人の健康維持に役立つさまざまな効果が確認されています。

ブレーベ菌(ヤクルト)に関連する乳酸菌

  • NY1301

    NY1301は、酸や胆汁に対する耐性を持っていて、生きたまま腸管に達することができる乳酸菌です。大腸菌やウェルシュ菌といった、腸内有害細菌を減少させる働きを…
  • GCL1001

    GCL1001株は、生きたまま腸に届く乳酸菌です。GCL1001株を摂取することで、善玉菌の占有率が増え、クロストリディウム・バーフリンゲンスなどの悪玉菌が…
  • N-1

    ラクトバチルス属カゼイ種である「N-1」は、便通の改善に効果のある乳酸菌です。…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る