丈夫なビフィズス菌

GCL2505株はグリコ乳業が独自に見つけ出した菌株で、健康な大人のお腹から見つかったビフィズス菌です。もともと人の体内の環境に適しているため、生きたまま腸に届くほか、お腹の中で増えるという性質を持っています。

腸にこのビフィズス菌がいない人がGCL2505株を摂取すると、翌日以降の便には、その数倍から数十倍のGCL2505株が含まれて排出されます。

このことから、GCL2505は生きてお腹に届き、さらにお腹の中で増えていることが分かります。

ただし、もともと自分のお腹に住んでいない菌は定着しにくいため、食べてから1週間ほど経つと、便にGCL2505はほとんど見られなくなります。

つまり、このビフィズス菌を摂取すると、お腹の中で増え続けますが、菌が定着しない場合、1週間ほどで効果はほぼなくなってしまうので、定期的に食べることが望ましいでしょう。

とはいえ、一度食べると腸の中でビフィズス菌が増えていくというGCL2505の性質は、非常に強いものだということができます。

毎日ヨーグルトを食べたくない人に

こうした強い性質を持っているビフィズス菌なので、「腸内環境を整えてお通じをよくしたいが、毎日食べ続けるのは辛い」という人には、ぜひおすすめしたい乳酸菌です。

GCL2505が含まれた乳製品なら、毎日食べなくても数日間は効果が充分持続するので、食べることへの義務感を軽減できるでしょう。しかしその場合でも、なるべく2~3日に一度は食べるようにするのがおすすめです。

GCL2505に関連する乳酸菌

  • HN019

    HN019株は、ニュージーランドでおこなわれた研究によって発見されたビフィズス菌です。約2000種の菌からより効能の高い菌種が探された結果、“もっとも幅広く…
  • CP2305

    CP2305株を保有するカルピス社と徳島大学医学部でストレス制御の研究をする六反一仁(ろくたんかずひと)教授との共同研究により、この乳酸菌には腸内環境を整え…
  • HOKKAIDO

    乳酸桿菌(ラクトバチルス)属のプランタラム種である「HOKKAIDO」は、便秘を改善する効果があります。…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る