白血球の栄養源

EF-2001株は、数ある乳酸菌の中でも、免疫力を活性化する働きがもっとも強い菌であることが報告されています。

マクロファージによって産出され免疫力を高める効果がある「TNF-α活性」が、各種乳酸菌の中でもっとも高く、免疫力を高める効果に優れた菌だといえるでしょう。

このEF-2001株をはじめとするエンテロコッカス属の乳酸球菌は、白血球の栄養源となるBRM食品でもあることから、近年注目を集めています。

BRM成分は、大根やキャベツ、バナナ、ひじきなどの食品にも含まれていますが、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維といっ た6大栄養素には当てはまらないため、健康な白血球のためには、6大栄養素をバランスよく摂りながら、BRM食品を意識的に摂取することが望ましいです。

加熱した乾燥菌体でも白血球に効果

野菜・果物・海草・乳酸球菌に含まれるBRM成分は、日常の調理などで加熱してもほとんど壊れず、BRM効果も変わりません。

むしろ乳酸菌の場合、加熱した乾燥菌体のほうが、保存性、安定性が高まり、さらに生菌よりも多くの菌数を摂取できるため、BRM効果を求めるのに適しているともいえます。

EF-2001に関連する乳酸菌

  • Bb-12

    胃や消化管は、胃酸によって酸性に保たれています。胃の中の酸性度は内容物によって変化しますが、胃酸そのものはpH1~2という強い酸性を示します。 ところ…
  • ガセリ菌SP(SBT2055)

    ガセリ菌SPは雪印メグミルクが培養したもので、人の小腸に多く住んでいる乳酸菌です。「SP」とは、雪印乳業が発見した株という意味で、スノー・プロバイオティクス…
  • R-1(OLL1073R-1)

    乳酸菌の中には多糖体を生産するものがあります。乳酸菌が菌体外に作る多糖体のことを菌体外多糖(EPS)といいますが、1073R-1はこのEPSを多く産出するこ…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る