母乳から抽出された乳酸菌

ロイテリ菌は、スウェーデンに本社を持つバイオテクノロジー企業、バイオガイアが保有する菌で、様々に異なった環境の極めて健康な母親の母乳から抽出・培養されたものです。

数多くあるプロバイオティクスの中でも、多くの研究がなされたものの1つといっていいでしょう。

腸で働くロイテリ菌

ロイテリ菌には、その菌株から大きく分けて、プロテクティス株とプロデンティス株の2種類があります。

プロテクティス株は、腸内で悪玉菌の増大を防ぎ、腸内マイクロフローラのバランスを維持します。これによって、腸内環境だけでなく免疫力も高まります。

ピロリ菌抑制効果も認められており、胃酸を抑える薬とロイテリ菌を組み合わせた治療を受けた15名のうち、60%にあたる9名が、1カ月後の検査で、ピロリ菌の感染が見当たらなくなったという報告があります。

お口で働くロイテリ菌

一方、プロデンティス株は、口腔内のマイクロフローラのバランスを保つ働きを持っています。「プロデンティス」とは「歯を守る」という意味で、歯肉炎、歯周病などお口のさまざまなトラブルを予防する力に優れた株です。

近年の研究では、代表的な歯周病菌8種類のうち、5種類の原因菌の増殖を抑える効果があるということが明らかになっています。

ロイテリ菌(SD2112)に関連する乳酸菌

  • JBL05

    JBL05は人の腸管から分離されたビフィズス菌で、菌体外多糖(EPS)を産出する菌株で森下仁丹が保有しています。 菌体外多糖というのは、菌が自分の体の…
  • LKM512

    LKM512は、胃酸でダメージを受けずに腸まで到達し、大腸で増殖するビフィズス菌です。 共同乳業の研究によると、LKM512は腸内で低分子のポリアミン…
  • LA-4(4)

    高原安瀬平乳業で扱っている乳酸菌で正式名称はラクトバチルスアシドフィルス-4といいます。 乳酸菌はアウレオバシジウム菌(黒酵母菌)から得られ、微生物産…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る