便の質が向上

酪農の国、デンマークから取り寄せられたビフィズス菌で、生きたまま腸まで届く強健な性質を持っています。

FK120株を摂取すると、腸内常在菌に大きな影響を及ぼすことなく、善玉菌のビフィズス菌が増え、悪玉菌が減少します。

健常成人48名を対象に、FK120株含有発酵乳を1日100mlずつ1週間飲んでもらい、さらに引き続き1日300mlずつ1週間飲んでもらった ところ、便秘傾向の人の排便回数、排便量が増え、腸内環境が向上しました。善玉菌が腸内に増えることから、便やおならの臭いも改善されます。

また、飲み続けることで便の質もよくなり、便が黄色化して健康的な黄金色を呈するようになります。

高齢者の腸内環境を劇的に改善

便秘になりやすい女性や老人を対象におこなわれた実験でも、いずれも投与中、善玉菌のビフィズス菌が増え、悪玉菌が減少して、排便回数・排便量が増えるという結果が出ています。

特に下剤を常用している高齢者が、FK120株含有発酵乳を1日100mlずつ2週間摂取したところ、驚異的にビフィズス菌が増加し、悪玉菌が減少するという現象が起きました。

お年寄りはもともと腸内に善玉菌が少なくなっていますが、FK120株含有発酵乳を摂取することで、腸内環境が著しく向上するということができます。

また、常時下痢状の便が有形便に改善されたり、便臭が低減するといった効果も同時に出ています。

FK120に関連する乳酸菌

  • ブレーベ菌(ヤクルト)

    ブレーベ・ヤクルト株は、ヤクルトが独自に保有するビフィズス菌です。同社の研究により、皮膚の乾燥を抑え、美肌に導く作用が認められています。 秋から冬にか…
  • KW(KW3110)

    KW3110株は、免疫細胞のバランスの乱れを改善する乳酸菌として、小岩井乳業が保有する100種類以上の中からキリンホールディングスが選び出した乳酸菌です。 …
  • ラブレ菌(コアギュランス)

    乳酸桿菌(ラクトバチルス)属のブレビス種であるラブレ菌(コアギュランス)は、生きたまま腸に届き、便通を改善する働きがあります。 また、コレステロール値を下…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る