認知度の高い乳酸菌

シロタ株とは、後にヤクルトの創始者となった、京都帝国大学(現・京都大学)の代田稔(しろたみのる)博士が1935年に培養に成功した乳酸菌です。

まだ医療が行き届かず、抗生物質も無かった時代、代田博士はチフスなどの伝染病で命を落していく子どもたちを助けるため、乳酸菌の研究をしていました。

やがて、人の腸に住む乳酸菌の中で胃液や胆汁に強く、生きて腸までたどり着ける乳酸菌を発見。そこからさらに5年の歳月をかけ、その乳酸菌を強化して培養したのがこのシロタ株です。

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株、あるいは単にカゼイ・シロタ株、またはヤクルト菌と呼ばれ、もっとも認知度が高いといってもいいほど有名な乳酸菌です。

腸内環境を整える

シロタ株の効果としては、整腸作用がよく知られています。シロタ株を1日100億個以上、4週間にわたって摂取すると、摂取していない時期と比べて、腸内に住むビフィズス菌は3倍に増え、大腸菌は5分の1に減りました。

これは、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしていることになります。また、悪玉菌が作る物質の生成を抑える作用も報告されており、腸内環境を改善する力に優れているといえるでしょう。

免疫力強化

シロタ株が作る乳酸には、腸管出血性大腸菌O-157の増殖を防ぐ作用があることも明らかになっています。

動物を使った試験では、シロタ株を飲用した群では腸管に定着するO-157の数を約100分の1にまで減らし、O-157が生成するベロ毒素の濃度も大幅に引き下げる働きがあることが確認されています。

そのほかに、飲み続けた人のうち66%にNK活性が回復したという報告もあり、大腸がんや膀胱がんの発がんリスクが低減する可能性も示唆されています。

また、シロタ株はTh1細胞に働きかけ、Th2に偏ってしまった免疫バランスを調整する作用があるため、花粉症などのアレルギー症状の軽減にも有効です。

シロタ株(シロタ)に関連する乳酸菌

  • LA-4(4)

    高原安瀬平乳業で扱っている乳酸菌で正式名称はラクトバチルスアシドフィルス-4といいます。 乳酸菌はアウレオバシジウム菌(黒酵母菌)から得られ、微生物産…
  • NY1301

    NY1301は、酸や胆汁に対する耐性を持っていて、生きたまま腸管に達することができる乳酸菌です。大腸菌やウェルシュ菌といった、腸内有害細菌を減少させる働きを…
  • SBR1202

    人間の腸内には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌といわれるものや、ウェルシュ菌や大腸菌腸などの悪玉菌といわれるものなど、300~400種、総数100兆個以上…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る