世界初のヨーグルトになったビフィズス菌

BB536は1971年に世界で初めて食品に利用されたビフィズス菌です。それまでに発見されたビフィズス菌は酸素や熱に弱く、食品に応用するのは技術的に困難とされていました。

しかし、森永乳業が発見したBB536は、熱や酸素、酸に強く、初めて食品に応用することが可能になりました。

生きたビフィズス菌で、腸の内側から健康に

ビフィズス菌BB536は、酸にも強いため、胃酸で死滅することなく、生きたまま腸に届きます。BB536が生きたまま腸に到達すると、腸内で乳酸や酢酸が生み出されます。

この物質は腸のぜん動運動に欠かせず、消化活動を活発にする働きがあるため、お通じがよくなるという効果が得られるのです。

さらに、酢酸は殺菌力が強いので、腸の中でウイルスが定着・吸収されるのを防ぐ働きもします。BB536が作る酢酸によって、免疫力が向上するわけです。

実験では、BB536をあらかじめマウスに定着させると、O157の感染が抑制されるという結果が出ました。

特定疾患(難病)指定の潰瘍性大腸炎に効果

人を対象にした治験では、BB536が潰瘍性大腸炎に一定の効果があるというデータも出ています。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、潰瘍やただれができて穴があく病気です。原因はまだ特定されておらず、大腸ガンを併発することも多く、治療が困難な難病に指定されています。

潰瘍性大腸炎にかかった人は、そうでない人に比べて体内のビフィズス菌などの善玉菌が少ないことが分かっています。

BB536を摂取することで善玉菌が増え、悪玉菌が減るため、潰瘍性大腸炎の進行を食い止める働きがあるのではと考えられています。

花粉症の症状を緩和

近年、花粉症に苦しむ人が年々増加していますが、BB536には、目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水など花粉症の諸症状を緩和させる効果があることが分かってきました。

花粉症の人がBB536を20億個以上含むヨーグルトを毎日、14週間食べ続けるという実験をおこなったところ、特に目と鼻のかゆみが改善されました。

またこの実験では花粉症初期に高くなる値で、スギ花粉によるアレルギー体質の度合いを示すスギ花粉特異的IgE値を下げるという結果も出ています。

こうした緩和作用はアレルギー物質の侵入により、必要以上に活発化した免疫機能が起こすかゆみなどの症状を、BB536が腸管の免疫細胞に働きかけることにより正常に戻し、アレルギー反応が抑制されると考えられています。

ただし、アレルギー抑制効果はすぐに現れるわけではありません。花粉症対策には、少なくとも花粉が飛び始める1か月前から、BB536を含むヨーグルトなどを毎日食べるようにしなくてはなりません。

BB536に関連する乳酸菌

  • LGG(GG)

    LGGは、1985年に発見されて以来、世界でもっとも研究の進んでいる乳酸菌です。 人に有益なプロバイオティクスとして30カ国以上で活用され、整腸作用の…
  • 植物乳酸菌P2L9(P2L9)

    P2L9は、生きたまま腸に届き、便秘を改善する働きがあります。…
  • シロタ株(シロタ)

    シロタ株とは、後にヤクルトの創始者となった、京都帝国大学(現・京都大学)の代田稔(しろたみのる)博士が1935年に培養に成功した乳酸菌です。 まだ医療…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る