アトピー性皮膚炎を改善

JBL05は人の腸管から分離されたビフィズス菌で、菌体外多糖(EPS)を産出する菌株で森下仁丹が保有しています。

菌体外多糖というのは、菌が自分の体の内側に糖を作り出すのではなく、体の外側に糖を作り出すことを意味します。

このJBL05にはアレルギー抑制効果がありますが、最近の研究結果では、どうやらこのビフィズス菌が作り出すEPSそのものにもアレルギー抑制効果があるようです。

事前にアレルギーを誘発させて皮膚炎を発症させたマウスに、JBL05の菌体と産出されたEPSを与えると、症状の抑制効果が見られました。

また、アレルギー活動を活発にさせるIgE抗体の量が減り、アレルギーを抑制するIgA抗体が増えるという現象も起きたことが確認されています。

こうしたことから、JBL05は人間のアトピー性皮膚炎などにも効果があるといえるでしょう。

菌体外多糖が免疫強化

さらに、JBL05が作り出すEPS多糖は、腸の免疫システムの総司令官ともいえるパイエル板の免疫調節作用に働きかけ、免疫力を強化します。

JBL05と産出物であるEPSを摂取すると、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質であるサイトカインや、IgA抗体量が増えるというデータが出ています。

サイトカインは、情報伝達係ともいえる物質で、主に炎症や免疫に関係しています。小腸のパイエル板にはリンパ球が多数集合している場所ですから、サイトカインやIgA抗体が増えて活性化すれば、免疫力も高まることになります。

JBL05に関連する乳酸菌

  • LGG(GG)

    LGGは、1985年に発見されて以来、世界でもっとも研究の進んでいる乳酸菌です。 人に有益なプロバイオティクスとして30カ国以上で活用され、整腸作用の…
  • L-55

    L-55はヒト乳幼児の糞便から分離された乳酸菌で、オハヨー乳業が2000年に発見しました。 もともと人のお腹に棲息している乳酸菌なので、胃液や腸液に対…
  • KW(KW3110)

    KW3110株は、免疫細胞のバランスの乱れを改善する乳酸菌として、小岩井乳業が保有する100種類以上の中からキリンホールディングスが選び出した乳酸菌です。 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る