免疫効果

TMC0356は、タカナシ乳業によって健康な成人の腸内から発見されたプロバイオティクス菌です。

胃酸、胆汁酸などに強く、生きて腸まで届きます。

免疫力を活性化させる効果も分かっており、TMC0356を14日間にわたってマウスに投与したところ、肺にインターフェロン-γなどのNK細胞関連遺伝子の発現が亢進したしたことが認められました。

さらに、パイエル板細胞においてもNK細胞を活性化させる物質の遺伝子の発現が亢進されたことから、TMC0356には免疫系に強く働きかける力があると考えられます。

インフルエンザに効く

マウスを用いた別の試験では、加熱殺菌したTMC0356を14日間毎日投与するグループと、投与しないグループに分け、14日目にインフルエンザ ウイルスに感染させました。すると、TMC0356を投与したグループは、投与しなかったグループに比べて症状が軽く、肺中のウイルス数も少なくなってい ました。

このことから、TMC0356は生菌のみならず死菌体でも、インフルエンザウイルス感染の予防と症状の軽減に効果的であることが判明しました。

またこのことは、TMC0356菌のインフルエンザ感染防御関与因子は、菌体からの代謝産物ではなく、菌体そのものにあり、耐熱性を有するものであることを示しています。

アレルギー抑制

アレルギー抑制効果も見られます。通年性アレルギー性鼻炎患者を対象にした試験では、TMC0356にはIgE抗体の量を減らし、Th1/Th2細胞のバランス改善効果があることが確認されています。

スギ花粉症患者を対象にした試験では、TMC0356とLGGの2つの乳酸菌を使用したヨーグルトを1日110gずつ、10週間継続して摂取してもらったところ、鼻づまりなどのアレルギー自覚症状が低下しました。

TMC0356に関連する乳酸菌

  • 植物性乳酸菌HSK201(HSK201)

    HSK201は、生きたまま腸に届き、便秘を改善する効能があります。 また、アトピー性皮膚炎を改善したり、花粉症を予防したりといった、様々な働きがあります。…
  • L-55

    L-55はヒト乳幼児の糞便から分離された乳酸菌で、オハヨー乳業が2000年に発見しました。 もともと人のお腹に棲息している乳酸菌なので、胃液や腸液に対…
  • 植物性乳酸菌K-2(K-2)

    植物性乳酸菌K-2(K-2)は、アトピーを改善する働きがあります。 また、花粉症を予防する効果があることでも知られています。…

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る