乳酸桿菌(ラクトバチルス)属

  • 植物性乳酸菌LP1(ONC141)

    植物性乳酸菌LP1(ONC141)は、生きたまま腸に届き、免疫力を強くする効能があります。…

    植物性乳酸菌LP1(ONC141)の詳細を見る

  • LG21(OLL2716)

    LG21は、明治乳業が所有する約2500種類の乳酸菌の中から、「増殖性」「乳酸産生能」「胃上皮細胞への接着能」「耐酸性」「安全性」を指標に実験で選定したところ、もっとも条件に合致するものとして選び出されたヒト由来の乳酸菌です。 正式名称は、ラクトバチルスガセリOLL2716株。頭文字の「L」と「G」、菌株ナンバーの「2」と「1」をとって、LG21と呼ばれています。 LG21は、前項…

    LG21(OLL2716)の詳細を見る

  • 植物性乳酸菌HSK201(HSK201)

    HSK201は、生きたまま腸に届き、便秘を改善する効能があります。 また、アトピー性皮膚炎を改善したり、花粉症を予防したりといった、様々な働きがあります。…

    植物性乳酸菌HSK201(HSK201)の詳細を見る

  • CP2305

    CP2305株を保有するカルピス社と徳島大学医学部でストレス制御の研究をする六反一仁(ろくたんかずひと)教授との共同研究により、この乳酸菌には腸内環境を整える作用とストレス緩和作用があることが発見されています。 研究では、解剖実習という大きなストレスがかかる医学部学生を対象におこないました。学生を2つのグループに分け、CP2305株発酵乳を4週間食べるグループと、擬似発酵乳を摂取するグル…

    CP2305の詳細を見る

  • GCL1001

    GCL1001株は、生きたまま腸に届く乳酸菌です。GCL1001株を摂取することで、善玉菌の占有率が増え、クロストリディウム・バーフリンゲンスなどの悪玉菌が減少することが分かっています。 被験者の糞便内細菌叢を調べたところ、善玉菌のビフィズス菌が増加しており、糞便中の占有率をアップさせていました。 一方で悪玉菌が減少するため、整腸作用や便性状の改善が見られると考えることができます。…

    GCL1001の詳細を見る

  • KW(KW3110)

    KW3110株は、免疫細胞のバランスの乱れを改善する乳酸菌として、小岩井乳業が保有する100種類以上の中からキリンホールディングスが選び出した乳酸菌です。 アレルギー疾患と密接な関係にあるTh1とTh2の2つの免疫細胞のバランスの乱れに対し、特に強い改善作用を示すほか、酸に強く、生きて腸まで届き、腸の細胞に定着するという特徴を持っています。 アレルギーはTh細胞のバランスが崩れるこ…

    KW(KW3110)の詳細を見る

  • P-IF

    乳酸桿菌(ラクトバチルス)属のケフィリに分類される「P-IF」は、便通を改善する乳酸菌です。…

    P-IFの詳細を見る

  • CM4

    CM4株は、血圧調節作用のあるラクトトリペプチド(LTP)を生成する能力の高い乳酸菌です。 LTPとは、「Lact(乳から生まれた)Tri(3つの)Peptide(アミノ酸が結合したもの)」という意味で、乳から生まれる天然成分です。 CM4に多く含まれるLTPは、血管の細胞に付着し、血管を収縮させることによって、血圧を上げるACE(アンジオテンシン交換酵素)の機能を低下させる働きを…

    CM4の詳細を見る

  • SBT2062

    SBT2062株は、雪印乳業によって商品化された乳酸菌で、胃液および腸液に強く、生きて腸内に到達し、そこで増殖することが確かめられています。 健康な人にSBT2062が含まれたヨーグルトを1日100gずつ1週間摂取してもらったところ、便秘の人の排便回数が増え、便の形状が改善し、便の色も暗褐色から黄色へ変わり、便の臭いが少なくなりました。 また、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌は減り、腸内…

    SBT2062の詳細を見る

  • LS1(TI2711)

    LS1は歯周病予防に効果のある乳酸菌です。東海大学医学部古賀泰裕教授らにより、健康な人の口内から分離されました。 現代人の生活では、口の中で悪玉菌が繁殖しがちです。例えば、歯周病を患っている、またはその危険性があるといわれているのは、日本人の約8割にも上ります。 歯周病は口臭の原因になるだけでなく、糖尿病や心臓疾患のリスクを高める危険性があることも指摘されているため、なるべく早急に…

    LS1(TI2711)の詳細を見る

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る